Journal読書

impressions

■ 耳に穴開けた。
なんだか力が有り余っているらしい。
(w隊員曰く「充電しすぎて放電してる」とのこと。まさに…。)
昔開けた時は1年近くピアスをし続けていたのに
3日間外してたら塞がってしまったのだった。
そんな無駄な治癒能力はいらん。
今回はピストル式じゃなくて
自分で押し込むやつだったのでやっぱりちょっと怖かった。
「えいやぁ〜…」という弱々しい気合いとともに
ばつっと耳朶を穿って、痛みもなくあっさり終了したわけだが
右がちょっと斜めに入ってしまった。あーあ。。。
■ 本。
京極夏彦『邪魅の雫』(講談社新書)読了。
チュニジアのホテルの風呂でずっと読んでた。
今回、厚さのわりには地味だよね…
■ スキャン。
チュニジア写真がようやくあがってまいりました。
今せっせとスキャンしております。
とりあえず、チュニ猫。(猫がいっぱいいる国だったよ)

impressions” への7件のフィードバック

  1. >邪魅
    薄く感じるのは
    思い入れの持ちやすいキャラがいないからじゃないかな。
    いっぱい登場人物はでてくるんだけどね。
    そういう目だつ手がかりを排除してるとこ自体が
    トリックみたいな話だからしょうがないかもw
    >耳穴
    怖くて自分じゃぜってぇできねぇえええ

  2. チュニジアからのはがきが昨日届いてたよ。ありがとう。
    Dさんに「近いみたいだから行こうよぅ!」と言っておきました。
    ちなみにキー坊のおかんはチュニジア出身なんだって。
    でも3年でフランスに移住したからアラビア語はもう話せないって
    言ってたよ。
    写真楽しみにしてるよー★

  3. 「邪魅」を海外旅行の荷物にするとは
    凄いですね。しかもお風呂で!
    自宅の湯船でも腕の疲労を考えたら躊躇しちゃいます。
    私はこれから中盤です。地味なんですか?前作よりも?
    チュニジア興味大です。

  4. トルコも猫多かったよね〜。
    心なしか猫の趣も似ているような…。
    京極夏彦よく読んでるね。
    今度読んでみます。

  5. >ゐさん
    たぶん、中善寺のうんちくが
    地味だからこんな印象なのかもw
    でもわりと素直で、ラストがすとんと入ってきて
    きらいじゃなかった。
    >pabloさん
    ほんと、猫だらけでしたよ〜。
    みんな餌とかあげるみたいで
    わりと人なつこかったです。
    今回は猫特集もアリ!です!!(猫撮りすぎ)
    >希琳ちゃん
    おー、やはり日本より一日早いなー。
    (でも地理から言って1日しか違わないのは
    不思議な気もする…)
    キー坊にはチュニの血も流れてるのかな?
    むこうでは普通にフランス語が通じるので
    便利だったよー
    >クールライチさま
    あわわわ!未読の方が!
    すみません!!
    上にも書きました通り、難航すれども
    とてもよい話ですよ!がんばれー。

  6. >雅月
    トルコも猫おおかったねー。
    釣り人の足下をうろうろしてた!
    京極は日本語が美しいです。
    漢字をすごく丁寧に使い分けてる。
    とりあえず「姑獲鳥(うぶめ)の夏」がおすすめ。

コメントは受け付けていません。