Gift from the sea

アン・モロー・リンドバーグ 落合恵子訳 『海からの贈りもの』 著者が、休暇中に過ごした海辺の家でさまざまな貝をみつめながら その形や名前から連想する人生哲学を綴ったエッセイ。 とかく現代の女は忙しく、家族の世話や仕事、さまざまな人間関係に疲 […]

impressions

■ ハロウィン仕様 叔母(といっても父の従姉妹)から、ハロウィン仕様の プリザーブドフラワーを贈ってもらった。 不思議と我が家のガラクタコレクションにマッチしているので 玄関に飾ってみた。かんわいい~。 ■ 香り  職場の通用口の目の前に、 […]

substitute

本に囲まれて暮らすのが好きだが、読み返す本は ほんとうにひとにぎりだということは、ずいぶん前から気づいていた。 飽きっぽい性格もあって、もともとあまり収集癖はないくせに、 本となると見つけた時に買わなければという強迫観念があって、我慢できな […]

raven

このところ、ふと空いた時間に色々と心配したり考え込んだりしてしまうので ひたすらミステリを読み続ける。 有栖川有栖 『乱鴉の島』  再読だが、初回よりも面白く読めた。 実業家と詩人 科学と神秘 若さと老い 一瞬と永遠 鳩と烏 そして聖と俗 […]

books memo

古書ほうろうさんにて購入 島田荘司 『魔神の遊戯』 (文春文庫) 赤江瀑 『灯篭爛死行―赤江瀑短編傑作選 恐怖編』 (光文社文庫) 幸田文 『きもの』(新潮文庫) 滝川 義人 『ユダヤを知る事典』 印刷博物館 『ヴァチカン教皇庁図書館展』

pottering around the mistery circle

週末は自転車でこのへんをぶらぶら。 旅ベーグルさんに発送をお願いしたり よみせ通りのひよこ堂でお皿を見たり、 最近、夕焼けだんだんの上にできた道具屋・松野屋で印鑑ケースを買って、 指輪を取りに行って、ヨドバシの有隣堂でミステリ買って 吉池で […]

impressions

昼ごろに起きて、朝ごはんを食べ、Twitterでパンの話をしていたら 急にパン屋さんのまんがが読みたくなり神保町へ出かける。 神保町へはメトロで3駅。新御茶ノ水から歩いてゆく。 スポーツ用品店はシーズン中でセールということもあって混んでいる […]

impressions

■ 谷根千界隈 もろもろ落ち着いてきて、あとはタスクをこなしていくだけ、という状況。 ようやく日曜くらいは近所に買い物に出たりできるようになってきた。 このところ谷根千は新規店オープンラッシュなので 路地に「あれ、こんな店あったっけ」などと […]

some tweets and 2 apples

不忍通りの古書ほうろうさんに本を売りに行く。 鳩山郁子は大事にしていたけれども、読み返す頻度が低いので手放す。 有栖川有栖の単行本は、かさばるので文庫で買い直す。 (こうやって有栖川の本は幾度買い直したことか!) 保坂和志も、文庫で気軽に持 […]

impressions

ひさびさに家にいる休日。 ■ 本 捨てるスキルが発動して(モンハンのスキル発動みたいなもんだと思いねえ) とりあえず本棚の整理。 京極夏彦の分厚い本やら、新幹線のなかでひまをつぶすためだけに買った本などを 50冊ほど近所の古書店に持って行く […]

impressions

中川淳一郎 『ウェブはバカと暇人のもの』 (光文社新書)読了。 あまりの内容に読み終わる前にレビューを書いてしまったが 後半まで読むとほんとうにしょうもなかったので、ちゃんとレビューを書き直す。 ニュースサイトの「運営」ということで 日頃、 […]

impressions

池谷裕二、糸井重里 『海馬』 (新潮文庫) 読了。 人を、細胞レベルの細かなパーツにわけて、それぞれの機能や関連性を調べ上げて まるでひとつの機械のように語るというのはあまり好きではない (というか、仕組みがわかったところで、悲しいとか寂し […]

book memo

青木玉 『着物あとさき』 (新潮文庫) 読了。 この人の文章の品の良さは昔から好きであったが、 着物まわりのエッセイは初めて読んだ。 「祖父は、自分の力を上回る佳いものを与えられた時は 恐れずにその佳さを知り、努めて自分の能力を高め、 与え […]

book memo

保坂和志 『 「三十歳までなんか生きるな」と思っていた』(草思社) 読了。 ネットでぼちぼち読んでいたのだが やはりこうして書籍として手にすると 入り込み具合が違う。 “結論に逃げ込まずに「考える」行為にとどまりつづけろ!&#8 […]

impressions

■ 朝 11月の朝。 露出高め、ホワイトバランスは蛍光灯。 ややノスタルジア風味。 ■ books 梅田望夫 『web進化論』 読了。 もはやロングテールもWeb2.0も使い古されてどっかいっちゃって Googleも一時の破竹の勢いからはち […]

until death do us part

ウィンクする猫。 ・森博嗣 『そして二人だけになった』(新潮社) 読了。 ゐさんにお借りしたまま1年以上(いや、もっとかも!)発酵させてしまったが 手元のミステリが底を尽きてとうとう読み始めた。 あいかわらずこの人の描く女性は出たとこ勝負だ […]

signori di notte

雨なので一日部屋で読書。 それ以外なにもしていない。 塩野七生 『緋色のヴェネチア~聖マルコ殺人事件~』(朝日文庫) 読了 著者本人が「都市が主人公だ」と言っているのだが 細かな描写は貴金属や服飾や、当時の官僚制度だけで あまりヴェネチアの […]

impressions

■ 仕事 自分でやるほうが早い、安い、うまい、と思っているのだが それにも限界があるな、ということに今さら気づいたので、 抱えている仕事を各方面にふりまいてみた。 ■ 本 歌野晶午 『葉桜の季節に君を想うということ』(文春文庫) 読了。 『 […]

books ii

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』(新潮文庫) 読了。 最後までシュールだった。 しゃべるカカシについては、なんの言い訳もしないところが潔くて好きだ。 伊坂幸太郎『チルドレン』(講談社文庫) 読了。 心温まる、って書評に書いてあったけど これ […]

books

眼の調子がずいぶんよくなってきたので、読書再開。 首藤 瓜於 『脳男』(講談社文庫) 読了 最後までひっぱる力が強くて面白く読めたけど、 鈴木一郎のようなスーパーマンが出てきちゃうとなあ。 ちなみに著者は谷中アートリンクの主催者だそうで。 […]

recording diet

雨が降ったり止んだり。 なんかここのところ忙しくて食事が不規則&コンビニになったら 覿面に太った。2年前は19%だった体脂肪が、27%になってた。 このままでは人生最デブ記録を更新してしまいそうなので とりあえずダイエットします。(宣言) […]

impressions

■ trip 桜詩舎より、(e) Shuzo Bandさんの新譜「Trip」の スペシャルコンテンツのお仕事をいただく。 サイトで視聴してみたら、なんだかもう泣けて泣けて しょうがないような音楽だった。 日本の雅楽やお囃子なんかは物凄くエス […]

mistery tour

火村助教授強化月間ということで 有栖川有栖 『ダリの繭』(角川文庫)読了。 買って売った本を、高槻の書店で買いなおしてしまった。 (京都周辺にある大垣書店、セレクトが良い。) ごく一部のデティールを除いて、完全に内容を忘れていたので 初読の […]

under the tree

島田荘司 『暗闇坂の人喰いの木』 (講談社文庫)読了 有栖川有栖の『乱鴉の島』があっさりめの懐石だとするならば こっちはハイカロリーのフレンチフルコースというかんじ。 「そうそう。わたしが学生自分に、どきどきしながら 夢中で読んでいた推理小 […]

a perfect day for pottering

きのう、Amazonから届いた探偵小説を読み始めたら 途中で止められなくて明け方になってしまったのだけど 不思議と目覚めは悪くなかった。気圧が丁度良いのかもしれない。 今日は自転車に最適な日だった。 朝から信じられないような快晴で、あたたか […]

romantic warriors

島田荘司 『異邦の騎士』(講談社文庫) 読了 一時はちっとも触手が動かなかったのに、今は何故か 島田荘司の文章がすらすら入ってくる。 風呂の中でイッキ読みしたら、昨夜「さらば遠い輝き」で もやもやしていたことがすべてはっきりとした。ふう。 […]

remember flame

島田荘司『御手洗潔のメロディ』(講談社文庫) 読了。 ひさびさに(新)本格推理に火が付いたかんじ。 島田荘司って、いつもインターバルが空くので たいがい前読んだ作品の内容をすっかり綺麗に忘れていて いつ読んでも新鮮。(すいません。) おそら […]

impressions

■本 三崎亜記 『となり町戦争』(集英社文庫)読了。 ライトノベルのような軽い語り口なので 最初はずいぶん面白く読んでいたが だんだん、重たいテーマに神妙になってしまった。 残酷だけれど、ところどころ妙に美しい作品。 村上春樹のこども世代だ […]