Tokyo-Hakodate

物心ついてから初めての北海道。 国内で6泊もするのは新婚旅行以来かもしれない。 前半は仕事やめたら北海道に行こうと約束していた母と、 後半は写真を担当している大好きなバンド「オオフジツボ」と周った。 9月23日。 羽田から函館へ。1時間ほど […]

impressions

日曜日は休日出勤前のI氏と散歩。 まず千駄木から本郷のほうにあがり、本郷界隈をうろうろする。 聖テモテ教会が鱗屋根だということを知る。 東大の地震研究所のむかいにある願行寺に立派な富士塚があることを知る。 庚申塚のディスプレイ(?)がかっこ […]

Museum of Architecture

プラハは「建築の博物館」と呼ばれている。 ロマネスク様式はさほど多くないものの、 ルネッサンス、ゴシック、バロック、ネオルネッサンス、 スターリン、キュビズム、現代などなど各種そろっている。 建築様式ではないが、アールヌーボーの意匠もよく見 […]

bon weekend

土曜はキモノ部の部活動だったので、キモノ女子たちに囲まれてうだうだと楽しく過ごす。 新年らしく華やかなコーデで素敵でした。 あきらかに「お茶」とか「お花」とか「観劇」ではない けったいな人種がどやどやと入ってきたので、居酒屋のお客さんは多少 […]

naoshima 2

朝一番で地中美術館へ。 混んでるし、印象派はあまり好きではないし、どうかなあと思っていたが、結果行ってよかった。 安藤忠雄の建築も素晴らしいし、モネの睡蓮を飾るためだけの白い、明るい部屋も素晴らしいし、 なにより、タレルの青い部屋は感覚が解 […]

naoshima 1

犬島から高速艇で直島へ。 叔父と叔母に見送られたのだが、手を振る人がどんどん小さくなって、 陸はどんどん離れて行く風景というのは なんだか新鮮かつ切ないものであった。 なんだこのノスタルジー。インプリンティング? 直島へは30分くらいだった […]

okayama 4

夕景の高松城跡 附水攻築堤跡。 特に何があるわけでもないのだが 水辺で、古い蔵のような資料館があって、 良い気が流れているようなところだった。 伏見稲荷、豊川稲荷と並ぶ三大稲荷のひとつ、最上稲荷をお参り。 ここの仁王門というのがちょっと変わ […]

tokyo-okayama

2010年5月1日 7時発の新幹線で岡山へ。 叔父がセカンドハウスに古民家(!)を買って改装しながら住んでいるというので 遊びにいくことに。 駅まで叔父と叔母に車で迎えに来てもらって、岡山駅からスタート。 駅前広場には、やはり桃太郎がいるの […]

impressions

昼ごろに起きて、朝ごはんを食べ、Twitterでパンの話をしていたら 急にパン屋さんのまんがが読みたくなり神保町へ出かける。 神保町へはメトロで3駅。新御茶ノ水から歩いてゆく。 スポーツ用品店はシーズン中でセールということもあって混んでいる […]

some tweets and 2 apples

不忍通りの古書ほうろうさんに本を売りに行く。 鳩山郁子は大事にしていたけれども、読み返す頻度が低いので手放す。 有栖川有栖の単行本は、かさばるので文庫で買い直す。 (こうやって有栖川の本は幾度買い直したことか!) 保坂和志も、文庫で気軽に持 […]

older and older

水郷の小江戸・佐原に行ってきた。 あいにくの天気だったのだけれど、江戸の町人文化が残る佐原は 政府の肝いりで再開発されているらしく、川越を凌駕する小江戸っぷり。 (成田に近いこともあって、政府の要人を観光させるのによい立地らしい。) 佐原出 […]

the station

東京駅が好き。 どのくらい好きかというと、東京駅とお手々つないで歩きたかったり 東京駅の誕生日にお呼ばれしたいくらい好きなのだが。 とにかくヴクトリアン・ゴシック様式の重厚な建築が素晴らしいのは当たり前として、 ダンジョンみたいな地下空間と […]

tour du Nord

東北旅行してきました。 上野→(新幹線はやて)八戸→(特急つがる)→青森→(タクシー)青森県立美術館→(タクシー)タクシーの運転手さんに教えてもらった宿に投宿 →(快速しもきた)下北→(バス)恐山→(バス)下北→(快速しもきた)野辺地→(特 […]

yukata in asakusa

総勢8名で浴衣で飲み会。 待ち合わせ前に六区界隈をぶらぶらする。 フルーツパーラーでジュースを飲み、 大桝さんでワインをひっかけて雷門へ。 まずは六区のとばくちにある居酒屋のこあがりで 麦酒で乾杯。チャンジャやモツ煮をつまみつつ 店に置いて […]

marche

今日は友人と日本橋に浴衣を見にゆく。 まずは利久庵さんで蕎麦。 昼間っからビールは最高ですなー。 わたしは美味しいと評判の納豆蕎麦をいただいた。ウマー! 昔は饂飩のほうが好きだったのに、最近は断然蕎麦だ。 三越は、さすがの品揃え。 あそこは […]

Iran : Esfahan 4

2009年5月5日 ということで、食中毒明けで、絶食なり。 とはいえ、イラン観光のメインともいえるエスファハン。 世界の半分と言われるエスファハンを参らないとは 日本に来て京都に行かないようなものなのです。 胃が痙攣していようとも、カメラを […]

Iran : Tehran

5月1日 泊まったホテルはテヘランの中心部。 考古学博物館のすぐ裏のあたりだった。 ■考古学博物館 ドイツ人建築家による堂々たる建物の考古学博物館。 しかし、門扉に立っている警備員のお兄さんは バ ナ ナ 食 べ て ま す 。 ゆるーい。 […]

impressions

池谷裕二、糸井重里 『海馬』 (新潮文庫) 読了。 人を、細胞レベルの細かなパーツにわけて、それぞれの機能や関連性を調べ上げて まるでひとつの機械のように語るというのはあまり好きではない (というか、仕組みがわかったところで、悲しいとか寂し […]

Waltz

眼科の検診で会社を休む。 散瞳薬を滴れられると、半日、視界がぼやけて仕事にならないのだ。 とりあえず、PCも本も見られないので 近所のフランス料理屋「MOMO」でランチをいただき 旧岩崎邸庭園を散歩した。 (まるで50代主婦だ。) 旧岩崎邸 […]

Ho Chi Minh City 4 – Siem Riap

べトナム~カンボジア4日目 2008年12月30日 朝、サイゴン大聖堂へ。 19世紀のフランス統治時代に作られたゴシック建築なのだが なかに入ってみると、漢字やベトナム語のプレートが壁にかかっていて アジアのキリスト教会というかんじ。長崎と […]

Ho Chi Minh City 2

12月28日 ベトナム2日目 ■アオザイを作る。 午前中はタクシーでアオザイ屋へ。 ガイドブックに載っていたのだが、一日で仕上げてくれるというので行ってみた。 入るとお姉さんがべったりついてこってり接客してくれる。 生地を選ぶのだが、シルク […]

Tokyo-Ho Chi Minh City

2008年12月27日 日本からベトナム航空で約6時間。 スチュワーデスさんがみんなアオザイでかわいい。 なぜか機内食に人形焼が出た・・・ 日本とベトナムの時差は2時間なので、全然辛くない。 やっぱり近いなー。 ホーチミン空港からホテルまで […]

hakone

わあもう疲れた死ぬる~と喚いていたら I氏が箱根のレストランを予約してくれた。 ロマンスカーも。 青いロマンスカーに乗った! 憧れの青いロマンスカー。 青いロマンスカーは、東京~神奈川の、千代田線沿線および小田急線の人にしか なじみがないと […]

snow ball

週末、I氏と日本橋へ行った。 高島屋でしゅーの参加している展示即売会があったので 顔を出した。あいかわらずかわいくて、ちょっと毒があって (と思うのはわたしだけだろうか)ポップな作風が良い。 ハガキでしか見られなかった蛍の大作が見られて良か […]

Italia:Roma 7

ランチのあとは、町をぶらぶらと歩きつつパンテオンへ。 なんだかあまりイメージがわかなかったのだが 実際に見ると「完全な遺構」であり、「世界最大の石造建築」というのは凄い。 1900年もこのまま建ってるのかあ。 ラファエロの墓やらヴィットリオ […]

science museum 1

暑かった… 同僚4人で科学博物館へゆく。 その後の展開が読めなかったので、自転車ではなく 歩いていったのが失敗だった。炎天下の中死にかけた。 コンビニでサラダとおにぎりを買って、 まずは科学博物館のラウンジでランチ。 ちょっと汗 […]

impressions

■ 捨てる CDが200枚くらい収納されてたチェストを粗大ごみに出す。 たいしたこだわりもなく買った安い家具で、自分で組み立てたら 観音開きの扉がうまく閉まらなくて、5年ほどずれたままという なんとも情けないチェストだったので、なくなってす […]

Turkey : Kadikoy – Istanbul

カドキョイは、ほんとに地元の人のための町で 駅前はごちゃごちゃしていて、もっさりした雑貨屋や電気屋が並び それでも人はたくさんいて、なんとなく「錦糸町」ってかんじ。 おばさんたちが駅前で「ビルミルヨン、ビルミルヨン」と言いながら薔薇の花を売 […]