Kimono and Sake in Ueno-Iriya

イシイと東京国立博物館のきもの展へ。かなりの充実した展示で90分ではとても足りず再訪を決意。その後、改装された上野駅公園口に入った台北の豆花屋「騒豆花」でおやつ、そのまま入谷まで歩きイシイ念願の三富さん、その後交差点近くのbrochette […]

Camellia

着物は、その花が咲いているときに着るのは花と競うようで野暮だと言われているらしい。 とはいえ、蘭、竹、菊、梅は四君子という植物のなかでも王様のようなものなので通年着てもいいなどという超越的なルールがあってわけがわからない。 (とはいえ、やは […]

【お召し】深緑に花と幾何学

きなこさんで購入。 モスグリーンの地に、手書きの菊?ダリア?とちょっとモダンな不思議な幾何学柄。 派手な帯にしてクリスマスパーティーにもいいかも。 着丈155cm 裄66cm

kyogen lounge

先日は、キモノでセルリアンタワーの能楽堂へ。 Kyogen Loungeという、若手の狂言師の方々が 有志で「もっと狂言を身近に」ということで毎月開催されているイベントらしい。 狂言を習っているおともだちが、最近キモノにドハマリしていて キ […]

【羽織】青地に梅と橘

こちらもハレ系のコーデにと思い選んだ羽織。 青地つながりで、矢羽の着物と合わせるのだが 派手すぎて正月とパーティーでしか着てない。 ぼちぼち落ち着いたほうがいいんだろうか自分。。。

【名古屋帯 お太鼓】檸檬色地に菊

檸檬色の地に朱色の菊と絞りの貝合わせという派手な帯なのだがハレなコーデのときは使いやすい。 赤、青、紫などいろいろな色が入っているので意外と合わせやすい。主に、青地の矢羽の着物などに。

【浴衣 絞り】亀甲に菊

祖母の影響で長年憧れであった日本橋三越さんでお誂え。 まだまだわたしは浴衣がせいぜいだ。 郵送で送ってもらったのだが、たとう紙は皺ひとつなく、 余り布さえ、お札を入れるような美しい 封筒に入れられていた。 そんなところで感動・・・ 肝心の浴 […]

【半幅】宝船と牡丹

綾瀬のガレージで発掘。1800円の掘り出し物であった。 柄が派手なわりには半幅なので(もともと昼夜帯をばらしたものだろう) 羽織の時期に地味な着物に合わせて使う。

parts

銀座松坂屋に、浅草橋のパーツ屋「貴和製作所」が入った。 広大な売り場に、ゴージャスな内装で、専用のラボまであって いかにも銀座ってかんじのラグジュアリー加減であったが、 あんなに土地の高いところで、1つ50円とか60円とかのものを売っていて […]

浅草界隈の和もの屋

ヒロヤ 着物・和装小物 かづさや 和装小物・下着(一見土産もの屋に見えるが奥にいろいろあり。) 文扇堂 老舗の扇子屋さん 帯源 (いかにも高そう!だけど、店先の半幅や角帯は意外とリーズナブル) 辻屋本店 はきもの(下駄が充実) 永澤屋 祭半 […]

【兵児帯】菊柄(@なでしこ) 

兵児帯が一本欲しくて選んだのだが、臙脂色の麻の夏着物にしか合わせられないのでなかなか出番がない。 これを締めるために、わざわざメッシュの帯板も買ったので夏のうちに締めたいよ・・・

【細幅帯】ミンサー織(@八重山)

竹富島に旅行にいったときに買ったお土産。(買ったのは石垣島だったかもしれない。) 帯の絣の柄に五つと四つの組合せが交互に配されていて、これは「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」 という心が込められているとのこと。 四寸と細いので、ご近所 […]

【博多献上帯】黄檗

おそらく祖母のものだと思う。 藍染めの古典柄の浴衣にはいつもこれを締める。祖母の渋好みを思い出す。 なんとなく芥子色と覚えていたのだが、久々に日の光の下で見たらずいぶん明るい色だった。

bon weekend

■ 土曜 同僚から「ianakでパン買った」というメールが来たので いてもたってもいられず、自転車でよみせ通りをかっとばして ianakまで行ってパンを買ってきた。 ほんとうにパンが好きな人たちが、楽しく一生懸命やってるふうで感じが好い。 […]