heavenly blue

こんな時期に咲くヘブ様。 今年はb様が植えて、夏の盛りにわたしの仕事があまりに忙しく ベランダにもほとんど出ていなかったので ハダニにやられまくっていたが、なんとか生きながらえていた。 植物は強いな。

Italia:Roma 3

夕刻。 ■ トッレ・アルジェンティーナ広場 トレステヴェレから大通りを歩いて、ふと路面電車の行き先をみると 「P.za ARGENTINA」と書いてある。 なんだかアルゼンチンを思わせる名前に 「アルゼンチンの語源ってイタリア語なのかね」と […]

departure

長い一日。 昼。 旅行前に、ぶどうがどっさり届いてしまったので ご近所のイリアスさんと旅ベーグルさんに届ける。 根津のお祭りの話をして、世間話して、 いってらっしゃいと送り出される。 夕。 seicoちゃんに誘われて月島へもんじゃ。 デジハ […]

heavenly blue diary

ヘブ日記。 ~今年のヘブは一味ちがうぜ。 いつもはプランターから行灯にするのだが 今年は園芸ネットをベランダのガラス側に仕立てた。 順光になるので、葉の向きも綺麗に壁を覆うようなかたちになり よいかんじであった。 むらなく葉水がかけられるの […]

gay or jewish

アメリカのどこぞの音楽団体だかでは オーディションで、とりあえず「ゲイ?ユダヤ人?」って聞かれて どっちか当てはまればパスできる、という 都市伝説みたいな話を聞いた。 30年前ならまだしも、人権団体の過激派が跳梁跋扈するあの国で そんなこと […]

heavenly blue

毎年恒例のヘブ様日記 双葉から本葉が出てきてすぐに虫にやられたので 成長が危ぶまれたヘブ様だが、今は2本の茎から 順調に蔓を伸ばしている。 まめに摘心してやると、どんどん蔓が太くなる。 なんとか夏を越せそうで安心した。 いちばん好きな花は薔 […]

bon weekend

舌を出すチェシャ。 ■ 土曜 同僚と多摩川の花火大会。 木曜から場所取りをするという念の入れようで、東京側の一等席で見ることができた。 世田谷側と川崎側二箇所で開催しているのだが ばんばか大きいのがあがったり、美しい枝垂れがあがったときは […]

heavenly blue

朝、訃報を聞く。 遊びに行く行くと言っていて、 先延ばしにしていたのが悔やまれる。 電報を打つ。 ヘブンリーブルーの種を蒔く。 この花を育てようと思える年と、そうでない年がある。 今年はこの花が見たくなった。 天国を連想したからかもしれない […]

impressions

■ trip 桜詩舎より、(e) Shuzo Bandさんの新譜「Trip」の スペシャルコンテンツのお仕事をいただく。 サイトで視聴してみたら、なんだかもう泣けて泣けて しょうがないような音楽だった。 日本の雅楽やお囃子なんかは物凄くエス […]

heavenly blue journal

だいぶ涼しくなってヘブ様絶好調。 今日は七つも花をつけていた。 とおくの墓地に、曼珠沙華で赤く染まった一角が見える。 あれはどこの寺だろうなあ。傍に行って見たいな。

heavenly blue journal

ようやくヘブ様が咲き始めた。 7月くらいから曇りが続いたりすると、 ぽつりぽつり1輪ずつ花が咲いていたのだが、 ここにきて涼しくなってきたからか いくつも蕾をつけるようになった。 種が出来ると嬉しいのだけれど。 ほんとうに空と同じ色をしてい […]

l’agrion

ヘブンリーブルーの茎に、身の丈70mmほどの 芋虫様がいらっしゃるのを発見してしまった。衝撃。 通りで梔子が禿げたわけだ… ホースで水圧をかけても、ハダニ用の殺虫剤をかけても死なない。 忌々しいので割り箸でつまもうとしたのだが 抵抗が激しく […]

heavenly blue journal

昨日、ベランダで煙草を飲んでいたw隊員が ヘブ様に蕾がついているのを目ざとく発見し 「明日には咲く。」と断言した。 遺伝子とか細胞レベルで研究している人の言葉には重みがあるな! (見りゃわかるという話なのだが。) 宣託を受けたので昼近くに見 […]

heavenly blue journal

本葉が出てきた! 部屋でポリマーに挿していたコンシンネは 水差しにしてやったら2日で発根。 あの長期にわたる沈黙はなんだったんですかー。 そんなわけで、ベランダでハイドロカルチャーに 挿していた子らも回収して部屋で強制発根。 水差ししていた […]

heavenly blue journal ii

もう双葉が開いてしまったので 雨の中泣きながらヘブ様の小鉢あげ。 いつもは絶対そんな面倒なことはしないのだけれども webで調べたところによると、いきなり大きなところで育ててしまうと 根がどんどん中心から離れていって徒長するらしい。 とにか […]

heavenly blue journal i

昨日仕事から帰ってベランダを見たら ヘブ様が発芽していた。 めでたい。 葉が乾燥するとあっという間にハダニにやられてしまうので マメに葉水をかけてあげなくては。 いとうせいこう氏によると、朝顔の種はお祭り(三社祭)が終わったら 蒔くものらし […]

botanical life ii

コンシンネを剪定。 ベッドの足元においているのだが、昔剪定を怠ったために太陽の光を求めて枝をグニャグニャヒョロヒョロに曲げているので不安定極まりない。新しい枝も出てきたので、一番情けない枝を伐採。 伐った枝はハイドロカルチャーに挿しておく。 […]

ヘブ日記

ヘブは一番根に近い茎が折れてしまって 水を吸い上げることができなくなってしまった。 どんどん萎れていく様が見ていられなくて 蕾がついている蔓を手折って 花瓶に入れた。 明日の朝には開花することでしょう。 ありがとうさようなら。

秋のヘブ日記

秋になったなぁと思う 1.雨が続く 1.居酒屋で食べた秋刀魚の竜田揚げが美味しかった 1.ようやくプロパーで長袖の服を買った 1.ブーツも買った 1.トイレに便座カバーをつけた 1.金木犀が良く香るようになった 1.ヘブ様がまた花をつけた […]

ヘブ日記

咲きました。 こんな悪環境の中でも花は咲くものだ。 Heavenly Blueなんて本当に美しい名前。 今日は何だかいいことがありそう。

ヘブ日記

ヘブ様はこんなに立派に成長された。 しかし花は晩夏ということで気長に待とうと思う。 下段の葉(子葉とか)が黄色くなって落ちてしまうのが心配。 どうしたらいいんでしょうか、師匠。 どうして茶色の土から水と光だけで 天上の青をうつしたような青い […]

ヘブ日記

ヘブ様は順調に育っておられる。 ちょっと日当たりが悪かったせいで なんだか力なくひょろひょろしているが その蔓はもう行灯よりも高く伸びてしまった。 行灯からはみだした蔓はどうすればよいのかしらん…

ヘブ日記

つるが伸びてきた。 今日はVespaの後ろに乗っけてもらって上野まで。 この可愛いイタリア車のVespaに見合うような 可愛らしい服と可愛らしい鞄が欲しくなる。 しかしこの連休ですっかり散財してしまったので 電池だけ買って帰ってくる堅実な私 […]

ヘブ日記

ヘブは間引きして15本を5本にした。 師匠いはく「2,3本にするがよい」 これでもまだ多いのだ。 あとは淘汰されるのを待つ。 行灯仕立てにして数日様子をみていたら 本葉が出てきた。見ての通り子葉と全然形が違う。 植物の不思議。

Heavenly Blue日記

先週末に芽を出したな〜と思いつつ 一日目をそらしていたら、いきなり5cmくらい成長していて吃驚する。 植物というのは一体どういう仕組みになっているのか。 あんな黒くて硬くて小さい種から長い長い根が生えて 双葉が出ていつか花が咲く… 小学校以 […]

Heavenly Blue

1週間ほど前に朝顔の種をまいたのが 昨日あたりからぼちぼち発芽してきた。 また経過をここで報告しよう。 はやく青い花が見たい。 Heavenly Blueというと、前にこの種をくれた 今は遠い異国にいる友人を思い出すが、 別に最近はあまり距 […]