Journal映画

bon weekend


舌を出すチェシャ。
■ 土曜
同僚と多摩川の花火大会。
木曜から場所取りをするという念の入れようで、東京側の一等席で見ることができた。
世田谷側と川崎側二箇所で開催しているのだが
ばんばか大きいのがあがったり、美しい枝垂れがあがったときは
歓声や拍手が湧いたりして、凄い盛り上がりで
家から見る隅田の花火とはまたちがったライブ感があって楽しかったな。
その後、渋谷で飲んでカラオケに流れたので
わたしは中座して西麻布で朝まで飲んでた。
朝は六本木で猫写真を。
■ 日曜
ベランダの掃除。
こんとこの猛暑で、ずいぶん植物が弱ってしまったので。
鉢をまとめたり、枯れ草を取り除いたりメンテナンス。
クレマチスはもうだめかと思ったが、根元から新芽が出てて奇蹟の復活。
ヘブは暑さに強くて、快調。蔓を這わす棒を立ててやった。
薔薇は芋虫にまる裸にされたが(もちろん奴は処刑した)これまた復活して
こんな真夏に花を咲かせ、つぼみがふたつもついている。デス&リバース。
ムラサキゴテンは不死身。途中からポキポキ折って挿し木にする。
あっという間に根付くだろう。
アイビーはちょっと日陰くらいが丁度いいらしい。
■ 三谷幸喜監督 『笑の大学』
最近、黒沢清で役所広司を見すぎて彼のことが好きになってしまった。
これは恋かもしれぬ。
ということで、三谷幸喜の舞台を映画化したこの作品を見たんだが
なんだか映画にするために余計なものを入れてしまったというか
この手の密室劇は、舞台>映画館>DVD>TVという順に
パワーが弱くなるもので、これも映画館で観てたら、もうちょっと笑えたかも。
喜劇のための喜劇なのに、泣きどころだけフォーカスされちゃったかんじがして残念。
これは舞台のほうをちゃんと見ようと思う。
役所広司は相変わらずとても巧い。
この人が監督に好かれる理由って、外見の変化の振り幅が小さいのに、
内面が劇的に変わっていくのを演じるのが巧いからなんだろうなあ。
で、駄作の誉れ高い『失楽園』を見るかどうか、悩む…
(絶対つまんないんだろうなあ…でも役所だしなあ…)

bon weekend” への10件のフィードバック

  1. 時代劇「三匹が斬る」の千石役が
    かっこよくって好きでした。
    それから、見たことはないんで
    面白いかわからないんですが、
    今村昌平監督の「うなぎ」にも出演されていた
    はずですよ。

  2. >ゐさん
    あはは。
    これはニンゲンですね。
    >蜜柑さん
    そうそう!三匹が斬る!大好きでしたー。
    千石さんかっこよかったですよね~。
    これのDVDは出てるのかなー。
    「うなぎ」はカンヌでパルムドールも受賞してますよね。
    今村監督作品って観た事ないんですが
    今なら役所氏のためだけに見られる心意気です。

  3. 残念ながら、DVDは出てないみたいです。
    役所広司さんが主演されていた
    舞台「巌流島」も、NHKで放送されたきりで
    DVDとかにはなってないみたいだし。
    それにしても、やっぱり
    「失楽園」はきつかったんですね…。

  4. 「笑の大学」は私が三谷好きになったきっかけの
    作品ですが、再演時舞台を生で観に行きました。
    なので、映画よりは舞台派なんですよね。
    面白いです、機会があったらぜひ舞台の方も
    ご覧になられてください!

  5. >蜜柑さま
    わたしも調べたんですが、DVD出てないのですねー。
    なんかそのことに気付いたら
    急に見たくなってきたー。
    千石さん、風呂嫌いなんですよね、たしか…
    >いもりんこさん
    サンシャインボーイズいいですよねー。
    ほんとにこれに限っては
    舞台のほうが面白いと思うので
    是非観てみたいと思います。
    DVDになってるのかなー。

  6. たしか、そうでしたね~。
    あと、お金が全然なくて何も食べられなくて、
    お供え物に手を出して
    お腹を壊していた時もあったはずですよ。
    私も舞台版の「笑の大学」が好きです。
    テレビで見たけど面白かったですよ。

  7. >蜜柑さま
    ますます舞台版の「笑の大学」が観たくなってきました。
    西村さんが検閲官の役みたいですね。

コメントは受け付けていません。