Journal映画

little miss sunshine


散歩途中に長い猫を見る。
のびすぎ…。

雨上がりの商店街を自転車で走る。
はじめて入ったレンタルビデオ屋で、
クレジット付会員証にすれば1000円割引と1本無料にするというので
「じゃ、それで。」と言ったら、作成にやたら時間がかかった挙句に、
これから審査をするので落ちたらごめんと言われた。
なんとも微妙なサービスだ。
費用対効果を考えると店は損じゃないのか…?
選挙に行く。
今回は凄い展開ですな。
映画を観る。
■ ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス監督 『リトル・ミス・サンシャイン』
うさんくさい勝ち組思考のパパと、ヒステリーなママと、ヤク中でエロい祖父と、
自殺未遂のゲイの叔父と、パイロットになるまで無言で通そうとする兄が
小デブでメガネっ娘の妹をミスコンに出すために西海岸まで旅するロードムービーで
爆笑というかんじではないけど、しみじみ笑えてちょっと泣ける
軽いかんじで良かった。(なんでアカデミーとれたのか謎だが。)
黄色いワーゲンと、アメリカのだだっぴろい風景が素敵。
スティーブン・フリアーズ監督 『ハイ・フィデリティ』
ジム・ジャームシュ監督 『ゴースト・ドッグ』も借りた。
本当は黒沢清とか観たいのだが、近所では限界がある。

little miss sunshine” への6件のフィードバック

  1. 『ハイ・フィデリティ』って、映画になってたんだ。知らなんだ。
    友人の勧めで原作読んだが、暇つぶしにはなったなという印象しかないので、映画化はちょっと意外だ。設定とか登場人物とかいちいちそこはかとなくB級臭が漂っていたような気も。
    ジョン・キューサックってのは確かに、と思ったが。

  2. ハイフィディリティ面白いよ。希琳だいすき。
    ジャック・ブラックに最期吃驚するよ!

  3. 「リトルミスサンシャイン」は私もついこの前観たよ。
    日曜の夕方に観るにはピッタリの映画だった。
    こういう風に撮るとアメリカも良いな。
    「ハイフィデリティ」はたぶん両手じゃ足りないぐらい観てる(笑)
    ジョン・キューザックもさることながら、相手役の女の人が好き。彼女はデンマークでは結構有名女優らしいよ。
    黒沢清は「CURE」を観た以来恐すぎて観れない…。

  4. 私は黒沢清、「回路」で震え上がりました。
    まさかのベタな展開が泣くほどコワい ><。
    割と近年の「ドッペルゲンガー」は
    ホラー路線の中ではたぶん最も脱力系(笑)、好きだけど。

  5. >wo.さん
    つうわけで、映画観ましたが、映画は最高におかしかったです。
    もう、みんなのキモオタ演技が最高。
    オススメですよ。
    >ィシィさん
    もうちょっとで黒沢清強化月間に入ります。
    >希琳ちゃん
    ジャック・ブラックには度肝を抜かれました…
    しかし、この人は素で唄が上手そう。
    >雅月
    これ、たしかに何度も観たくなるかもー。
    そして、女が男を捨てる理由がいちいち納得できるのが怖い。
    >れざさん
    おー、ホラーものですね。
    個人的には『勝手にしやがれ』シリーズが
    大好きなのですよね。
    あれ、DVD化されたらしいですw

コメントは受け付けていません。