Starkodder

仕事でばたばたとしていて、すっかりご無沙汰してしまった。 まあ、忙しいといっても BBCの「SHERLOCK」はDVDを買って本編からコメンタリーまで観ているし、 コナン・ドイルの原作も着々と読み進めているし、 浴衣で飲みにも行ったし、軽井 […]

Rose: Aspirin Rose

1997年 ドイツ タウタン 「アスピリンローズ」 家には常に400錠入りのボトルが3本はストックされているほど アスピリンを愛用しているので、名前だけで好きです。 なんだかロマンがある。 しかしあのアスピリンのように純白というわけでもなく […]

Rose: Disneyland Rose

2003年 アメリカ J&P 身も蓋もない名前だが、中央の花はオレンジから濃いピンクのグラデーション、 4つのちいさな花が付くかわいい花であったよ。 フロリダのディズニーにでも植えられたのかな。 ちなみに東京のディズニーランドの植 […]

198’s roses

京成バラ園に行ってすっかり薔薇づいてしまったので 日曜日のC. A. Green(近所の帽子屋さんの前庭に展開するゲリラ花屋さん)では 珍しい薔薇でブーケを作ってもらった。 季節柄、薔薇がたくさんあったのだが、いつものように ヒラサワさんの […]

Rose: Terracotta

「テラコッタ」 2001年 フランス メイアン 写真ではうまく撮れていないのだが、オレンジがかった赤は素焼きのような不思議な色で、 花弁もほかのものよりもパウダリーというかマットに見える。 こういうのってヨーロッパのセンスだわ、と思う。 そ […]

Rose: Pierre de Ronsard

Blanc Pink Rouge 「ピエール・ド・ロンサール」 フランス メイアン これはさすがにわたしも知っている品種。 育てやすいのか、友人でもピエール氏の世話をしている人は多い。 フランスのルネサンス時代の詩人の名を冠した(そのまんま […]

Rose: Pierre de Ronsard

Blanc Pink Rouge 「ピエール・ド・ロンサール」 フランス メイアン これはさすがにわたしも知っている品種。 育てやすいのか、友人でもピエール氏の世話をしている人は多い。 フランスのルネサンス時代の詩人の名を冠した(そのまんま […]

Rose: Bonny

「ボニー」 1998 ドイツ コルデス 小輪系のつるバラで一房に15−20の小輪がつく、と書いてある。 これを見ると、八重桜ってやっぱりバラ科なんだなあと思う。 小学校のときに薄紙で作ったぽんぽんの花みたいだ。

Rose: Exploit

日曜、I氏と京成バラ園に行った。 薔薇が好きだと言っている割には薔薇についての知識はさっぱりなのだが 前々世紀くらいからせっせと世界中で品種改良されているというのに すぐ病気にかかるし、刺はあるし、肥料もたくさんいるしで手がかかる子で それ […]

botanical garden house

今朝、地下鉄のなかで、なんでわたしはこんなに植物園が好きなんだろかと考えていたら 今日のランチで、みわみわに「まいさんは植物園みたいな家に住んだらいいよ」と言われたので びっくりした。 先日行った花鳥園はベコニアがメインの温室で、品種改良さ […]

roses in the capsule

いもりさんから、小さなプリザーヴドフラワーをいただく。 2輪の薔薇が入った、本当に可愛いものなのだけれど こういう透明のカプセルに入っていると ちょっとレトロな標本っぽいかんじもして素敵だ。 スノウボールと試薬瓶に並べて置いてみた。 音楽が […]

【袋帯(六通)】白地に薔薇(@風香) 

風香のポリエステルの袋帯。ダークな色のキモノが多いので、このような明るい帯は重宝するのだが、とにかく食事のときはこぼしやしないかとヒヤヒヤする。 さんざん気をつけていたのだが、羽織紐のまさかの移染でクリーニングに出す羽目に・・・とほほー。

Iran : Esfahan-Kashan-Qom-Tehran

2009年5月6日 イラン最終日。 朝、ホテルを出発。2時間ほど走ってカーシャンの町へ。 砂漠や礫漠が続く。 建設途中のモスク。(なんかかわいい) カーシャンはキャヴィール砂漠に隣接するオアシス都市で 小さい町だが薔薇の産地で、ここで作った […]

Iran : Esfahan 2

■ 自然史博物館 一度ホテルに戻ってから、夕食までは少し時間があったので 自由行動! まずはエマーム広場を目指す。 と、柵で囲まれた前庭に、なにやら恐竜のようなものが。 これはもしや、私の好きな科学博物館系?と思って近づくと やはり自然史博 […]

Iran : Esfahan 1

ヤズドから3時間強、だんだんと緑が増え、中央分離帯に薔薇の花が見え始めると 「イランの真珠」と呼ばれる古都・エスファハンの街である。 (ちなみにドブロヴニクはアドリア海の真珠で、キューバはカリブ海の真珠だが エスファハンは、むちゃくちゃ内陸 […]

Iran : Yazd

なんだかんだで6時間以上ドライブし、ヤズドの州内に入る。 イランは日本の4倍ほどの国土があるのだが、40の州しかないらしく ひとつの州がとんでもなく広い。 ■ 沈黙の塔 名前からしてすごくかっこいいのだが、これはゾロアスター教の鳥葬の場所。 […]

Iran : Siraz 2

■サーディー廟 イランで人気のある詩人の廟。 建物に至る道には噴水があり、薔薇が咲き乱れ 日差しはきらきらしていてまるで楽園のようだ。 廟内にはピンクの制服を着た小学生たちが ちょこまかしてて可愛かった。 地下には地下水が流れ込む池があり、 […]

Iran : Tokyo – Tehran

2009年4月30日 成田空港からイラン航空でテヘランまで。 途中、北京を経由するがトランジットはないので 直行便ということになる。 成田空港でチェックインしようとすると 係員のお姉さんが「イラン航空、遅れてるようです。」という。 「よく遅 […]

christmas sakura

毎年ホームパーティーでささやかなプレゼント交換をやるのだが 今年、わたしのひきあてたクリスマスプレゼントはc隊員からの 桜のルームフレグランス。 なんか、この佇まいがカワユス。 玄関に、砂漠の薔薇と一緒に飾りました。 フレグランスがあがって […]

flowers in Sep.

日曜 新しいカメラを持って朝の散歩。 日暮里駅に新しくできたベーカリーでパンを買って 公園で食べようとしたらベンチがふさがってて 結局部屋で食べた。 不完全な花 ひそやかな薔薇 凌霄花 ・・・読めない。 のうぜんかずら。

acid/alkali

乱歩の紫陽花。 こうなるともう、土壌が酸かアルカリかは関係ないような気もする。 紫陽花はあまり好きな花ではないのだ。 こんなに色とりどりに豪華に咲くのに 桜のようには盛り上がらない。 素馨のような香りもなく。 薔薇のようにカタログ的に収集し […]

bon weekend ii

日曜 yさん企画の着物部スペシャル「着付け教室」を拙宅で開催。 着付けをちゃんと習ったことのあるkさんを講師としてお迎えする。 うちのリビングで、ああでもない、こうでもない、暑い、汗かいた 腕が痛い、ねじれた、まがった、落ちた、ずれた、 右 […]

rose in Rampo

喫茶店・乱歩の前に白い薔薇。 ずいぶん背が高く まっすぐ伸びていた。 ひさびさに通勤途中にカメラを取り出した。 感度やシャッター速度を変えながら数枚撮る。 手ぶれするので何度も。 ひさびさだな、と思う。 もう薔薇の時期だ。 毎年、ピークに見 […]

Turkey : Kadikoy – Istanbul

カドキョイは、ほんとに地元の人のための町で 駅前はごちゃごちゃしていて、もっさりした雑貨屋や電気屋が並び それでも人はたくさんいて、なんとなく「錦糸町」ってかんじ。 おばさんたちが駅前で「ビルミルヨン、ビルミルヨン」と言いながら薔薇の花を売 […]

winter rose

東京よりイスタンブルのほうが寒い気がするのだが かの地では、自然に咲いている薔薇をよく見かけた。 チェロ、オークションでついうっかり落札してしまう。 まあ弓も付いて破格の値段だったんだが、折りたためないバージョンなので とりあえず、お迎えす […]

Turkey : Istanbul ii

12/30 午後 ■ ランチ 老舗のキョフテ屋でランチ。 前にイスタンブルを訪れたときも、最初のランチはここだった。 何度食べても美味しい~! スルタンアフメッドをぶらぶら。 突然サンタのかっこしたおじさんに 「オレの写真を撮れ!」と撮影を […]

heavenly blue

毎年恒例のヘブ様日記 双葉から本葉が出てきてすぐに虫にやられたので 成長が危ぶまれたヘブ様だが、今は2本の茎から 順調に蔓を伸ばしている。 まめに摘心してやると、どんどん蔓が太くなる。 なんとか夏を越せそうで安心した。 いちばん好きな花は薔 […]

bon weekend

舌を出すチェシャ。 ■ 土曜 同僚と多摩川の花火大会。 木曜から場所取りをするという念の入れようで、東京側の一等席で見ることができた。 世田谷側と川崎側二箇所で開催しているのだが ばんばか大きいのがあがったり、美しい枝垂れがあがったときは […]