Lotus 2012

今年も行田の「古代蓮の里」に蓮を見に行った。 毎年少しだけ満開をはずしてしまうのだけど 今年はまさにピーク。 なぜか売店では蓮グッズよりも産直農家の野菜が人気で 早朝からおばちゃんたちで賑わっている。 わたしたちも気づくとネギとかトマトを手 […]

Rose: Disneyland Rose

2003年 アメリカ J&P 身も蓋もない名前だが、中央の花はオレンジから濃いピンクのグラデーション、 4つのちいさな花が付くかわいい花であったよ。 フロリダのディズニーにでも植えられたのかな。 ちなみに東京のディズニーランドの植 […]

Camellia

着物は、その花が咲いているときに着るのは花と競うようで野暮だと言われているらしい。 とはいえ、蘭、竹、菊、梅は四君子という植物のなかでも王様のようなものなので通年着てもいいなどという超越的なルールがあってわけがわからない。 (とはいえ、やは […]

sakura

桜の、花びら一枚一枚、花ひとつひとつ、木全体が ふわっと発光しているような雰囲気は いつだって目で見ているようには撮れない。 だから撮りたくなるのだけど。 今年も桜はちゃんと咲いて良かった。

impressions

■ ハロウィン仕様 叔母(といっても父の従姉妹)から、ハロウィン仕様の プリザーブドフラワーを贈ってもらった。 不思議と我が家のガラクタコレクションにマッチしているので 玄関に飾ってみた。かんわいい~。 ■ 香り  職場の通用口の目の前に、 […]

sakura 2010

土曜日は、同僚と東綾瀬公園で花見。 日曜日はI氏と仕事つながりの方々と、としまえんで花見。 上司家族も一緒だったのだが、この日ばかりはとしまえんもオトナ仕様になっていて 完全予約制で飲み放題のリザーブシートなんかがあって感動した。 遊具の隙 […]

flowers in Sep.

日曜 新しいカメラを持って朝の散歩。 日暮里駅に新しくできたベーカリーでパンを買って 公園で食べようとしたらベンチがふさがってて 結局部屋で食べた。 不完全な花 ひそやかな薔薇 凌霄花 ・・・読めない。 のうぜんかずら。

acid/alkali

乱歩の紫陽花。 こうなるともう、土壌が酸かアルカリかは関係ないような気もする。 紫陽花はあまり好きな花ではないのだ。 こんなに色とりどりに豪華に咲くのに 桜のようには盛り上がらない。 素馨のような香りもなく。 薔薇のようにカタログ的に収集し […]

bon weekend ii

日曜 yさん企画の着物部スペシャル「着付け教室」を拙宅で開催。 着付けをちゃんと習ったことのあるkさんを講師としてお迎えする。 うちのリビングで、ああでもない、こうでもない、暑い、汗かいた 腕が痛い、ねじれた、まがった、落ちた、ずれた、 右 […]

impressions

■ ハナザカリ ノ ネコマチ b様と日暮里のせんい街へ。 道すがら、b様は谷中の路上ガーデニングの花々を 激写しまくっていた。今はジャスミンが見ごろで むせかえるような香りがする。 今年はついにマンションの入り口の藤も花を咲かせた。 薔薇、 […]

botanique

薔薇の美しい季節。 午過ぎにのろのろ起き、これといって行くところもないので、ベランダの手入れ。 下町では競うように軒先や路上で花を咲かせまくっているので うちのもなんとかしてやらないと、という気分になる。 以前、r隊員からもらったアロエが巨 […]

kyoto iii

植物園から上賀茂神社へ。 糺の森は新緑の季節に行ってみたかったので 下鴨はまたの機会にする。 格はあまり関係ないのかもしれないが、古い、大きな神社特有の 凛とした空気が好きだ。 上賀茂からバスで二条まで下り、地下鉄で醍醐へ。 凄い人出で、お […]

kyoto ii

土曜。 西本願寺と龍谷大学の建築を見てから七条を東へ行き 地下鉄で北山へ行く。 前からずうっと行きたかった京都府立植物園へ。 ここは東京でいうと小石川植物園というよりは 神代植物園に近い。整備されていて、薔薇庭園もある。 北山は気温も低いら […]

defragmentation

昨日は結局朝まで本を読んでしまい、土曜の昼はゆっくりと眠る。 午後にのそのそ起きて、公園を散歩。花水木が綺麗だ。 途中、大きな古本屋で島田荘司の文庫を1冊買った。これも一度買っ…(以下略。 家に帰ってからはひたすら掃除をする。 クロゼットの […]

impressions

雨。 知らないうちに入梅していた。 綺麗な傘が欲しい。 本。 森博嗣『幻惑の死と使途』(講談社文庫) 漸く完読。今回は苦戦した。 そして、この人の小説はクライマックスにむかって 収束していく物語ではなく ところどころに散りばめられた哲学のよ […]

roses

昨日はb様からピンクの薔薇をいただく。 薔薇は好い。 一番精神的にニュートラルに接することができる花だと思う。 誕生日なのだ!祝え!と声高に自己申告したら 本当にたくさんの寛大な方々から おめでとうと言っていただけて嬉しい。 生来さびしんぼ […]

darkroom

GXはISO1600相当まで感度が上がる。 勿論、そんな離れ業は普段は使わないが 本当に写真を撮るのが楽しくなる子だ。 退社祝いにもらった薔薇をドライフラワーにして吊っていたのだが 葉を全部取り除いたらなんだか美しい形になった。 昨日、S. […]

rose for 2005

VOGUE誌によると、来年の私の花は薔薇だそうで。 それとは関係なく、デザイン素材用に薔薇を買った。 花びらだけが必要だったので、駅の構内で 「ドライフラワー」用という萎びた花束を買った。 (そんなものでも500円で売るのだから商魂逞しい。 […]

roses

肌に良いというローズヒップティーをいただいたので 毎日ぐびぐび飲んでいる。たしかに肌のはりが いつもよりもあるような…10日くらいで効果が出るらしいので もうすこし続けてみよう。 そのままだと野菜っぽい味なのだけど、 L’EPI […]

薔薇

紅葉坂の味気ないフェンスに 大輪の赤い薔薇がたいそうゴージャスに咲いていた。 誰か世話をしているのだろうか。 庭で育てると虫がついたり葉焼けしたりして なかなか花を咲かせるのが難しいというが こういうところで逞しく咲いてる奴もいるんだなあ。

La vie en rose

母が引退して、毎日のように花をもらって 帰ってくるので、我が家は花ざかりだ。 これは先日、通りすがりに割いていた薔薇。 太陽と水と土で、どうしてこんな色ができるのか。 薔薇はおおまかに言うと オールドローズという原種に近いものと 近年、交配 […]