Mitose Noriko Solo Band

R0012445

みとせのりこバンドLive ~ごがつはGWでさけがのめるぞ ~ で吉祥寺STAR PINE’S CAFEへ。

少し早めに行って吉祥寺でぶらぶらしようと思ったら「祭か?!」というような人出で駅を出た瞬間くじける。あいかわらず吉祥寺は狭い通りに人がいっぱいいるし、バスはがんがん通るしアウェイ感が半端ない。

まあ天気は素晴らしいので井の頭公園にでも行ってみるかと思ったのだが、「いせや」のある道は竹下通りみたいになってるしでどんどん足取りが重くなっていく。
「いせや」は暫く見ないうちにとてもきれいになったのだな。随分前に、Twitterだかで一時休業とかみんなが騒いでいたときに改装したのだろうか。学生時代には二階のお座敷によくお世話になった。井の頭公園は池も緑もきらきらしていて美しかったけれど、いかんせんすごい人なのと、ライブ(?)をやっていた人の音程があまりに不安定で耐え切れずに一歩だけ中に入ってすぐに退散。

すごすごと駅の反対側に出ると、白詰草の咲く小さな公園(というより、かぎりなく空き地に近い)があったので、コンビニでカフェオレを買ってベンチで飲んだ。その後、「すうさい堂」という小さな古書店をひやかし、ヨドバシの裏あたりにある市立の図書館で時間をつぶす。ポール・オースターの『写字室の旅』を読み始めたら面白くて止まらなくなりそうだったが、運悪く、というか開場時間きっかりに図書館も閉まるとのことで追い出され、ライブ会場であるスタパへ。

実はこのライブハウスに来るのは初めて。音もよかったし二階席もゆったりしていてとても良かった。「シュバルツナハト」「千の夜の睛」「風の行彷」「ティルナノグ」などkircheの曲もたくさん演奏されたが、あの頃に比べると本当に音が重厚になったなあ、と。別に当時の音が軽かったわけではなくて、今は重心が下のほうにあってものすごい安定感といえばいいのだろうか。そういえば、初めてkircheを知ったのは井の頭公園で彼らがやっていたゲリラライブだった。たまたま花見のメンバーたちの間で狂ったように聴いていたZABADAKの曲が遠くから聴こえてきて、皆でフラフラと近づいて声をかけたらライブの案内をいただいたのがきっかけ。そのときはまさか自分が将来スタッフ枠に収まるとは思っていなかったが、わたしを音楽の世界により一歩ひきいれてくれた大切な大切なバンドで、吉祥寺で聴くと感慨深い。もちろんヨルガとかゲームの曲も、太田さんの新曲も素晴らしゅうございました。

アンコールまでの幕開、二階のトイレに行って出たら目の前に壷井さんがいて、お互い「あ。」「どうも。」ってなったのが個人的ハイライト。(アンコール始まってるのに!

桜詩舎

桜詩舎
桜詩舎

【closed】
みとせのりこ、キルシェの音源をあつかうレコードレーベル「桜詩舎」オフィシャルサイト。桜詩舎、という名前を聴いた時に、まず思い浮かべたのが京都や神保町にあるレトロな文房具屋や古書店。そんなイメージで壁の緑色、年季のはいった木の机などをイメージしてカラーを決めました。メインビジュアルは京都の古いビルヂングにて撮影。

 

みとせのりこ|SnowBlanc

みとせのりこ|SnowBlanc
みとせのりこ|SnowBlanc

みとせのりこオフィシャルサイト。
みとせさんのトレードマークでもある六花(雪の結晶)をモチーフにし、ひんやりとした中にもあたたかみのあるデザインとしました。紙モノが好きなみとせさんなので、古紙にトレーシングペーパーを重ねたような透明感のあるデザインとしています。

みとせのりこ・弘田佳孝|『 yorlga』Special Site

みとせのりこ・弘田佳孝|yorlga(ヨルガ)
みとせのりこ・弘田佳孝|yorlga(ヨルガ)

弘田佳孝・みとせのりこのデュオ・アルバム「yorlga(ヨルガ)」の世界観を表現したスペシャルページ。
写真は古写真と拙作をおりまぜてヨルガの世界観を表現しています。
大正時代の東京を彷彿とさせる帝都を散歩していただければ幸いです。

みとせのりこ|「crochet」

crochet
crochet

みとせのりこさんのワークス集。
都内スタジオにて撮影。スタジオで撮影するのが初めてで、
戸惑いつつも自然光の多いハウススタジオだったので救われた記憶が。
個人的にはブックレットのブツ撮りで、みとせさんの私物に萌えた記憶。
作品について

 

kirche|「Schwarz Nacht」

Schwarz Nacht
Schwarz Nacht

某無人島にて撮影。
ものすごくいい天気でピクニック気分のロケで楽しかった。
旅をつづけるロマのイメージで、kircheにしてはワイルドなショットが多い。
楽器を弾いたほうがリラックスできるだろうということで、展望台で
プチライブになってしまったのがいい思い出。
作品について

 

kirche|「唄は語り継がれる」

唄は語り継がれる
唄は語り継がれる

都内某所にて撮影。
個人的には「数百年後の遺跡」というような裏テーマがあって、トラッドな
音楽性とは裏腹に、近代的な建築のなかで撮影をした。(あまり写ってないけど)
ジャケットは楽器の直線的なところと、手や服の曲線が作る陰影が気に入っている。
作品について

 

kirche|「Coloured Water」

Coloured Water
Coloured Water

kircheのファーストアルバムのCD化ということで、
ジャケットとアートワークを担当させていただいた。
都内某所でのロケ。
人物ふたりというのは人物を撮り慣れていない私には難易度の高いオーダーだったのだが、
これはカメラを意識せず、ふっとこちらを向いたような自然な視線と、
遠くを見るふたつの視線のおかげで画に拡がりが出て好きな一枚。
作品について

 

kirche|「Pleiades」


「Pleiades」
kirche セカンドフルアルバム「Pleiades」

kircheは、わたしが高校生のころに井の頭公園でたまたま通りすがりに見て
ライブに行き始めたバンドだった。それから信じられないような奇跡が重なって
CDジャケットのお話をいただいた。
とにかく一緒にお仕事ができるのが嬉しくて、あまり深く考えずに
出たとこ勝負で撮影にのぞんでいたのではないだろうか。
今思えば、フィルムやカメラももっとマシなものがあったろうに、と思うが
デザイナーさんの腕により、美麗なジャケットに仕上げていただいた。
ブックレット内も、モノクロの写真を使っていただいている。
作品について