Swedish Coincidence

IMG_5632

オオフジツボのライブに行く前、ちょっと早く出てきたので二子玉川の蔦屋家電をひやかす。入り口にはグリーンに囲まれたヴィンテージの本棚に文庫や写真集が置かれ、ひとめでコンセプトがわかる。蔦屋家電というからには家電メインかと思いきや、ライフスタイル提案のお店なのだな。思ったよりもずっと本の比重が高い。

奥に進むとそれなりに家電も置いてあるが、比較的デザイン重視で厳選されたもので種類は多くない。照明を探していたのだが、照明のコーナーは意外なほど小さかった。

うちらにはちょっとオシャレすぎるね…と、トボトボと歩いていると、BEERの文字が。おお、店内で歩きながら飲めるとはなんていい店、なんていい国なんだろう、ようやく素敵なエリアに辿りつけたねとビールを買って飲んでたらカウンター近くに何やら大きい人たちが3、4人。あれ、あれ、もしかして、彼らは昨日のスウェーデン大使館でのセミナーで登壇していた人たちじゃないだろうか。なんかみんなでかいし。

彼らがビールを手にしたタイミングを計って声をかけると正にその通りで、なんたる偶然。彼らもこんなところで声をかけられるとは思っていなかったみたいで本当にびっくりしていた。そりゃそうだ、都内のビアパブならともかく二子玉川の蔦屋家電だし。とはいえ広くて混んでいる店内でビールの飲めるところで出会えたのは偶然にしてもできすぎである。「どのビールが好きだった?」と聞かれたので記憶から固有名詞をほじくりかえして「DUGGESとSt. ERIKSが良かった」と答えると「ちょうど、いま席をはずしてる同僚がボトルを持ってるからあげるよ!」とのこと。わあ、いいんですか。

果たして、戻ってきた同僚の方とイシイは、お互い顔を見るなり「あ!」「あ!」と言いながら笑っている。なんと、その同僚とは何度かビアパブイシイにも来てくれているHさんであった。日本語も英語も堪能なのでスウェーデンの人だとは知らなかったらしい。「重いから持って帰って!」と、DUGGESとBEER STUDIOのボトルをいただく。そんなこんなで、レセプションでは忙しそうでまったく声がかけられなかった方々とゆっくり話すことができて嬉しいやらびっくりするやら。スウェーデンは法律で3.数%以上のアルコールは国が認めた専門店でしか買えないらしく、もちろんフェスなどは別として、公共の場所でも飲めない。蔦屋家電のコンセプトはすごく良い!と繰り返しおっしゃっていた。

ライブのあと、三軒茶屋のPigalleさんにご挨拶にいったら、さっきまで彼らもいたそうで、店内が一瞬スウェーデン人に埋め尽くされていたそうだ。Pigalleさんはどこもヨーロッパの空気をぎゅっと詰めたような可愛らしくもかっこいい店内で、本当に素敵なお店だった。貼られている映画のポスターもかなり良い。(UNDERGROUNDとPola Xがあるだけでなんかこう、わかる。)Foundationとサイダーをいただく。

SWEDEN BEER IN JAPAN

スウェーデン大使館にてクラフトビールのセミナーとレセプションがあるというので参加した。ひさびさの六本木一丁目。数年前、仕事で毎日のように通ったので懐かしい。5月のオークラ界隈は緑が綺麗だ。

セミナーも卸や販売の方向けのプレゼンがメインかなと思いきや、スウェーデン大使館の商務部の方々のご挨拶のあとは三軒茶屋のPigalleさんのスウェーデンのヨーテボリで行われたビアフェスのリポート、各ブルワリーのプレゼンテーション、ビール評論家Pelle Stridh氏のスウェーデンビール事情の基調講演などがあり非常に興味深いセミナーだった。スウェーデンは人口950万人ほどの小さな国だが、現在ブルワリーは180近くあるそうで、歴史に囚われない自由な作風と高い品質管理が特長とのことである。

3時間のセミナーのあとは大使館のサンクンガーデンのような場所で行われ、各ブルワーが自慢のクラフトビールのボトルをぽんぽん景気よく開けていて、みなさんこれから日本でやっていくぞという意気込みが感じられたり。

R0012732 R0012735

とはいえ知り合いもいないのでひとりでさらっと飲んで、美しいピンチョスをつまんでいたらFlying Breweryのヨアキムさんが「おやおや、グラスが空じゃないか。うちのを飲みなさい!」ってとても美味しいラガーを注いでくださった。笑顔が素敵なやさしい方。ヨハンさんもヨアキムさんも、飛行機や熱気球が大好きだそうだ。
Pigalleさんにご挨拶ができたのがよかった。ビアパブイシイの名前もご存知でいてくださって嬉しいことだなあと思いつつ、ひっそりと退場。

R0012722

SWEDEN BEER IN JAPAN
http://www.swedenbeer.net/

 

San Francisco 15: Mikkeller Bar SF

レンタカーを返してから一旦ホテルに戻り、治安が悪いと評判のテンダーロイン地区にあるMikkeller Barへ。今をときめくスウェーデンのファントムブルワリー、ミッケラーの直営店である。入り口にはセキュリティのお兄さんがちゃんといて、IDを見せないと入店できない。

さっそく、Tenderloin Witからスタート。軽いけど華やかで美味しい。ビールは常時50弱くらいがOn Tapになっている。メニューはServed at 45°, 40°, 55°, Cask Conditioned Aleと温度でカテゴリー分けされているのが面白い。

“San Francisco 15: Mikkeller Bar SF” の続きを読む

San Francisco 13: Home Depot & Supermarket

せっかく車があるのだから、車じゃないと行けないところに行こう、ということでイシイが愛するホームセンターへ。いろいろなチェーン店があるがGoogle先生に聞いていちばんメジャーそうなところにアタリをつけて「Home Depot」に行ってみることに。 “San Francisco 13: Home Depot & Supermarket” の続きを読む

San Francisco 10: Russian River Brewing Co., Santa Rosa

さて、ソノマ地方の中核都市サンタ・ローザ。ここに今回の旅行のメインのひとつ、「ロシアンリバー」がある。世界中からビールマニアが集まるブルワリーパブである。駅からつづく商店街のような、ゆったりした道を歩いて行くと、もうすぐ町はずれかな、というあたりに店がある。無骨な外観。

R0010759

“San Francisco 10: Russian River Brewing Co., Santa Rosa” の続きを読む