Journal未分類読書

raven

このところ、ふと空いた時間に色々と心配したり考え込んだりしてしまうので
ひたすらミステリを読み続ける。

有栖川有栖 『乱鴉の島』 

再読だが、初回よりも面白く読めた。

実業家と詩人
科学と神秘
若さと老い
一瞬と永遠
鳩と烏

そして聖と俗

初回は、犯人の動機が薄いよなあ
これくらいじゃ普通人殺したりしないよなあと思ったんだけど
バランスとしては、こんなもんでよかったのかもしれない。