Journal植物読書

le moment de verite

W氏やら、従兄弟のG氏やらから面白い!と言われていた
ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ コード』 上中下(角川文庫)を買った。
やばい眠れないかもだ…。
「カバーおかけしますか?」と聞かれたので
「上巻だけかけてください。」とお願いしたら
こんなカバーかけてくれました。

意味ねえ!
春なので壁紙UPしました。
なんか「アサヒカメラ」ってかんじの写真ですが。
1280×1024
1024×768

le moment de verite” への9件のフィードバック

  1. すげえ面白い!!
    今、笑っちゃったよ。
    でも、それが関西の本屋さんやったら、
    その場で”ツッコミ”を入れてエエのにね。
    「それ、意味無いやん」とか
    「バレバレやがな」とか
    「店員さん、カバーで笑いとってどうすんねん」とかね。

  2. 本当に、ギャグみたいですね、それ…(笑)
    ダ・ヴィンチ・コード面白いですか?! ハードカバーはお風呂で読みにくい(近眼なので、顔に近づけて尚且つ水に漬からないようキープし続けるのは至難の業)ので、ちょっと躊躇ってたんですが、私も文庫版買おう。読みたかったんですよ。
    ただ、映画も見たいので、映画の後がいいかなあ。大抵、想像力を掻き立てられ過ぎて、映画見て「えー…」っていうことが多いので、映画見てから原作読む、もしくは、原作だけ読む派です。

  3. 確かになんとも意味がないw
    私としてはなぜ上巻だけなのかというところが若干気になったのだが、何故か。
    長い話が映画化されると、大抵説明不足で悲しい気持ちになることが多いのだけれど、これはどうなんだろうなぁ。
    トム氏は好きなので、まあたぶん見てみることになるとは思うが・・・。
    映画見てから原作読むほうが私も多いですかね。

  4. 何の著書かグラフィック入りで
    堂々アピールしちゃうブックカバー。
    聡明なる消費者に、こーして
    ネタにされる事で二重に巧まれた
    新手の販促手法かも(苦笑)。

  5. >ぐりちゃん
    みんなもちゃんと「なんでやねーん!」って
    思ってくれたようでよかった。
    わたしだけじゃなかった…
    >がちゃ
    がちゃが今までで一番面白いというのだから
    さぞ面白かろうと思って気になってたんだよね!
    たしかに面白いし、思ったよりも軽くて読みやすかった。
    しかし話がハリウッド的!
    >みぶさん
    オススメですよ。翻訳もそんなに違和感ないですし
    壬生さん結構好きそうだ!
    映像化はそんなに難しくなさそうですが
    ルーブルは綺麗に撮ってほしいなあ…
    (ハリウッドだからスタジオかもしれないですけど。)

  6. >wo.さん
    というわけで、wo.さんの一押しで
    買ってしまいました。
    なぜ上巻だけにカバーをしてもらうかというと
    普段は愛用の文庫カバーを使っているので
    本屋>家まで読む本にさえカバーがかかってれば良いのです。
    >れざさん
    映画化は微妙〜なかんじだけどオドレイ・トトゥは
    可愛いのでちょっと楽しみ。
    (作中に教授は「ハリソンフォード似」っていう
    くだりがあったような…トム・ハンクス…???)
    れざさんも結構好きそうなので是非
    おひまなときに読んでみてくださいまし。

  7. 映画ではスマート・カブリオレでカーチェイスをするシーンに期待してますw

  8. >ドドルゲフさん
    そうそう!そのあたりハリウッドぽいよね〜〜w

コメントは受け付けていません。