Sakura in Yanaka-Nippori

投稿日: カテゴリー: Journal

イシイと花見。
三崎坂〜谷中霊園、川むらで蕎麦でも食べようとおもったら中休みでフラれ、日暮里の馬賊。南公園まで足をのばしたが、こちらはまだ5分というところ。そこからまた陸橋をわたって谷中霊園〜三崎坂〜帰宅。

bon weekend

投稿日: カテゴリー: Journal,

Yanaka Cat

この週末は久々に予定もいれずに家でだらだらしていた。
日曜の夕方、ようやく外に出たのだが、春のようにあたたかだった。

三崎坂で猫と遊んで、谷中の墓地を抜けて、日暮里へ。
御隠殿橋から電車を眺めて、繊維街へ行く。
古きものなどを物色して帯と襦袢を購入。
駅前のスーパーで買い物をして
谷中銀座の酒屋の軒先でビールを飲んで帰宅。
酒屋のおかみさんは上機嫌だった。

そんな日曜日。

tassels

投稿日: カテゴリー: 未分類

ほんとうに久しぶりにえみるさんとデート。
チュニジア料理屋でクスクスとピタパンを食べたあと、
日暮里の繊維街へゆく。
たいがいの人はチュニジア料理って食べたことないと思うのだが
来る前にWikiで国について調べたらしく(気合い!)
クスクスもお口に合ったようで安心した。
店のカーテンに、ごっついタッセルが掛かっていて
あれかわいいよね~と話ていたのだが
そういえば繊維街にもタッセルの専門店があったことを思い出す。
立ち寄ってみたら、運良くSALEをしてて、タッセルがもの凄く安くなっていた。
わたしが買ったのはこれ。

中国製で、在庫があるものなので安く扱っているとのことだったが
5 0 0 円 は破格すぎるだろう・・・
色も、クッションやベッドリネンと同色系でちょうどよかった。
房がもけもけしてるけど、あとで蒸気あてて梳かそう。
そのあとはお茶のんで犬グッズのお店を見たり
谷中銀座をぶらぶらしたり。
まったり散歩して夕方には解散。
えみるさんは手先が器用で、お裁縫も得意なので(そんで写真もじょうず)
かわいいパーツを買ってらした。
最近、同世代のムキムキ仕事してる女子たちとは
「仕事でヒゲ生えそうだよな!俺たち!」という話ばっかりしてたので
おうちのこととか、ペットのこととか、家族のこととか
かわいくステキに暮らしている話を聞いて癒された・・・
そしてえみるさん謹製の愛犬タルトさんの写真集が
あまりにかわいくて悶絶した。(わたしが紹介したPhotobackで作ったそうで)
ブリュッセル・グリフォンって、名前もかっこいいし!
房好きな方、日暮里においでの際は寄ってみてくださいませ。
E & SON
http://www.e-son-fabric.com/

la petite clé

投稿日: カテゴリー: 未分類


MUJIの化粧ポーチを愛用してるんだが
あまりに無印でかわいげがない。
トルコ料理屋でもらったナザールボンジュ(青い目のお守り)のピンをつけていたのだが
いつのまにか取れていたので、小さな鍵を縫いつけてみた。
この鍵は日暮里にある 「On-traveling」さんという
輸入手芸小物屋さんで購入。
東欧のテープとか、アンティークのレースとか、北アフリカあたりの釦などを集めた
とてもかわいらしい店なのである。
すっかり繊維問屋で有名になった日暮里であるが
再開発されても駅前にはパチンコ屋とカラオケとサラ金の看板があって
いつまでたっても垢抜けない(だがそこがいい)町だったのに
とうとうこんなシャレオツな店が出来たのかあ、と感慨深い。
わたしは小学校がこのあたりだったので、
このへんの路地という路地をよく知っているつもりだったが
個性のある店が路地裏にもできつつあって
いつ来ても愉しい。

couscous

投稿日: カテゴリー: 未分類


日暮里にいつの間にかチュニジア料理屋が出来ていた。
1Fがパチンコ屋の雑居ビルの中にあって
エレベーターを降りると正面がプールバーなので一瞬ひるむが
店内は広く、落ち着いたインテリア。
予約が入ればベリーダンスのダンサーも呼ぶらしい。
シェフのカイスさんは気の良いお兄ちゃんで(私のいっこ上)
チュニジアは首都・チュニスの出身だそうだ。
料理はふたりで5500円のコースで
・アミュゼ(野菜のペースト数種)と
・前菜盛り合わせ(キッシュとミートボール)
・メイン(チキンの丸焼き)
・野菜のクスクス
・デザート(クレマ、というヘーゼルナッツとカスタードクリームのプリンみたいなの)
・ミントティー(か、アラビアンカフェ)が付く。
味付けもさっぱりめで日本人でも食べやすい。
もともと、油をあまり使わない調理法なのと、オリーブオイルの質がいいからだろう。
アラブ、地中海文化、フランスと、いろいろな影響を受けているので
料理も洗練されているとのこと。
チュニジアに行った、と話したら大喜びで
帰りにはお土産に無花果のスピリッツ(BOUKHA L’OASIS)をいただいてしまった。
エスニック料理の店では、
・現地のことをひたすら褒める
・現地語で挨拶をしてみる
・料理のことを詳しく聞く(材料は?とか、香辛料は?とか)
そうすると、たいがいお店の人は嬉しそうに
いろいろ面白い話をしてくれる、というのが私の定説だ。
(和食でもそうかもしれないけど)
「南地中海料理&チュニジアン ダイニング COUSCOUS (クスクス)」
03-3806-6993
日暮里駅から徒歩2分
http://www.couscous-tokyo.com/

sakura sampo

投稿日: カテゴリー: Journal, 未分類, 植物


素晴らしく天気がよいので午前中に用事を済ますのに
自転車で出かけた。
谷中から日暮里の間にはちいさな山と切り通しがあり
帰りは切り通しを上がるためにビル3階ぶんくらいの階段を
自転車を押してあがらねばならなかったのだが、
今日、はじめて、
自 転 車 も 乗 れ る エ レ ベ ー タ ー
が出来ているのを発見した。
NYみたいだなー。
(マンハッタンの北にあるフォートトライオンパークは
駅から丘にあがるエレベーターに台車も自転車も乗れる。)

また猛然と掃除と洗濯をした。
窓際にベッドを置いているため、冬は窓の冷気が落ちてこないように
ユニクロのブランケットで窓半分を塞いでいるのだが
ようやくこれもはずした。
ベランダを掃いて、植物に水をやる。新芽がたくさん出ていた。
コンシンネの剪定。
ノースリーブで作業。
桜が散ったら、いきなり初夏の陽気だ。

iTunesのtips
http://d.hatena.ne.jp/hetima/20061014/1160815072
これべんり!
・先週撮った桜写真。
東綾瀬公園の桜は元気がよい。

south park

投稿日: カテゴリー: 未分類

■ 土曜日
午前中は個人的な依頼でとある画商で打ち合わせ。
たまたまご近所だったので自転車で向かった。
その後、伯父と食事をする約束をしていたので
時間を潰すべく日暮里へ。
モスバーガーでお昼を食べて本を読む。
このへんを歩いている人々が谷中と全然ちがう。なんか元気なのだ。
(なんつうか、谷中は枯れているというか・・・)
繊維街のすみっこにある古着物屋で
絞りと繻子織の帯を2本購入。安かった。
通った小学校の近所をぐるっとまわる。
南公園の紅葉がきれいだった。
いくつか大きなマンションが建ったがこのへんはあまり
変わらないな。同級生のおうちもまだあった。


EDWINのフラッグショップがなぜか日暮里の駅前にできていたので
(あまり知られてないが、EDWINは日本の会社で、本社は日暮里にある。)
入ってみる。広い店内に、ゆったりと商品が置かれていて
日暮里にあるまじき雰囲気。客よりもFAのほうが多い。
なんとなく「地元にお金をおとそう」モードだったので
ボルドーとグレンチェックのリバーシブルのダウンジャケットを買った。
チェック地のダウンってめずらしくない?
伯父の家で外国の写真など見せてもらって
夜は北千住までタイ料理を食べに行った。
伯母はむかしタイに住んでいたので
料理にも詳しいのだった。
立ち飲みのワインバーやパブを梯子して解散。
今日はひさびさに家で宴。
ひさびさにギリシャ人のミハイルと奥さんのゆうこさんに会えるのが嬉しい。
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/movie/feature48.html

NHK(海外版)で紹介されとったのでメモ。