Journal

Akashi

ホテルをチェックアウトし、新快速で西明石まで。途中、明石駅ではホームからお城が見える。こんなだったかな。

駅まで叔父叔母が迎えにきてくれて久々の再会。おそらくおうちにお邪魔するのは30数年ぶりではないだろうか。集合住宅の花壇は花が溢れていた。息子3人が出ていってしまった部屋はずいぶん広く見える。

最近、ふたりは珈琲に凝っているのだと言う。専門店で豆でも買うようになったのかなと思ったら「東ティモールからフェアトレードで豆買って、自宅で焙煎して、ケトルのパーツは自作して…」というレベルになっていて驚く。フィルタも無漂白のは甘いことがあるので、舐めて確認しているのだとか(笑)

叔父叔母がお好み焼きを焼いてくれて(空中でひっくりかえすのは叔父の係)、3人で国内旅行のいろいろを話しつつあっという間に夕方に。その場で煎じた珈琲豆をお土産にしてくれたけどチョコレートみたいに綺麗だった。また駅まで送ってもらってお別れ。元気そうな顔が見られて良かった。