Journal映画

The Load of the Rings : The Two Towers

ロード・オブ・ザ・リングまつり第二弾。
ぼやきつつ観た感想まとめ。
Extended ver.で観たら長いこと長いこと。
まるで大河ドラマを一気観しているような気分になれましたよ。
Extended verは、ひっそりと武蔵野館とか文芸座で単館上映されるタイプの
映画になってますのでご注意ください。

・ガンダルフ
精神と時の部屋がら出てきたガンダルフがバージョン2になって帰って来た!
しかも髪サラサラになって帰ってきた!!
そんで、ガンダルフが口笛を吹いて呼んだ白馬がスローモーションで
駆けてくるシーンは、ロードショウで観た時もなぜだか笑えてしかたなかったのである。
なんというかPJ監督のセンスのなさが極まった感じで大変よろしい。

・サルマンとオーク
中盤以降はほとんど戦のシーンであるが
お互い仲間のいない同士の対決なので同盟探しに奔走するのだが、
サルマン側は皆殺しにするぞと脅しながら集めてきたわりには
オークやら南方の人間たちの士気は意外と高く、
モチベーションの維持については彼を見習ったほうがいいんじゃないかと。
そして虫けらのように死んでいくオークを見つつ
「こいつらにも愛する妻や子供がいるかも…」と思い、戦はいかんよなと思うのである。

・ナズグル
フライングバージョンのナズグルがかっこいいのだが
あの翼竜はモンハンに出てくるフルフルにちょっと似ている。

・フロドとサム
相変わらず自我も目的意識もないシンジ君のようなフロドは出てくるたびに
「なんでこいつが主人公なんだよサムでいいじゃんサムで」と思う。

・ファラミア
1話めでかっこよく死んだボロミアの弟ファラミアが、往年の幸薄いロックスターぽいので笑える。
今にも歌い出しそう。ぱっとしない次男坊ってかんじで良い。
(原作ではずいぶん男前らしいが。)
ナズグルに狙われるとこからホビットを逃がすまでのファラミアの心理は
端折らずもうちょっと丁寧に描いてほしかったなあと。ちょっと唐突ではある。

・二つの塔
タイトルのわりにはあまり塔がフィーチャーされていないというか
Extended versionで見ているので薄まっているのか、
ともかく「なんで二つの塔なんだっけ?」というかんじではある。
ローハンとアイゼンガルド?

・背水の陣とダム決壊
「のぼうの城」を外国の人がみたら「二つの塔に似てる!」と思うんじゃないだろか。
多勢に無勢はローハンで、水攻めはアイゼンガルドのほうだけど。