未分類

Celestial Nagivation by Birds

日曜日のこと。

I氏と川村記念美術館へ。
「ジョゼフ・コーネル × 高橋睦郎 箱宇宙を讃えて」を観にゆく。

作品数も少なかろうし、あまり期待はしていなかったのだが
暗い部屋に、星が散らされたアクリルのパーテーションで仕切った空間に
それぞれコーネルの箱が置いてあり、その横には
高橋睦郎氏の詩が、いい風合いの紙に印刷されて添えてある。
なんともかわいらしい展示であった。

わたしは高校生の頃からコーネルが好きで、
MoMAだったか、美術館で買った「鳥たちの天空航法」のポストカードを
後生大事に机の前のコルクボードに貼っていたのだった。

今回は同作品も展示されていて、なんども参じてしまった。
大学に入って以来、シュルレアリスムはちょっともういいかな、
飽きちゃったな、というかんじだったが
ああ、わたしが好きだったのはこういうのだったんだよなあ、と、しみじみした。

時間があったので、千葉市立美術館で開催されていた
伊藤若冲の水墨画メインの「若冲アナザーワールド」へ。
こちらも最終日ということもあってか大盛況であった。
水墨画は、すんごい気合入ってるのと、
すんごいやっつけ仕事との差があまりにも激しいのだが、
天才は殴り書きでも巧いものなのだな、というのがよくわかる。
東京で大々的にやった若冲展は見逃して、かわりに京都で見たのだが、
そのときのメイン「鳥獣花木図屏風」も観られてよかった。
やっぱり若冲ってちょっとおかしいわ。