Italia:Roma-Venezia

まだまだ行けてないところがたくさんあるなあ、と惜しみつつ
Termini駅へ。
テルミニ(ターミナル)というだけあって、
線路のうえに駅があるのではなく、
駅から線路がのびているかんじ。
線路のどんつきには、ものものしい緩衝の器具がつけられている。
プラットフォームも低くて、列車には急な階段を3段くらいのぼって
乗り込まねばならず、大荷物の旅行者たちはみんな難儀する。
大きな電光掲示板に何番線から発車するのか表示されるのだが
これ、でるのがびっくりするほど遅い。
発車15分前にようやく出るといった有様で、祈るように
掲示板を凝視していた旅行客は、わらわらとホームに急ぐのだった。
わたしたちが乗るのは泣く子も黙るEurostar。
30分以上遅れると割引券がもらえるという噂だが
手続きがめんどくさいうえ、送られてくるのは半年後らしい。
そして遅れて出発してもなぜか定刻通りに着くという
摩訶不思議な新幹線だ。(それはスペインだけの話かも。)
電光掲示板にはEurostarのとなりにALTAVELOCITAと書かれているので
なんだろうと思って、となりのおっさんに聞いてみたところ
「ummmmmm・・・・・・”speed”!?」という微妙な答えだった。
まあ、とりあえずあんまり意味ないらしい。
(あとで調べたら、最新型の車両の名前だそうで。「のぞみ」みたいなもんか)
全席指定なので指定された席にいくと、ボックスシートになっていて
おばちゃんがふたり並んで座っていた。
ほんとは、むかいあわせのはずなんだけどまあいいか、と思いつつ
発車すると、進行方向と逆向きなのが気に障ったのか
おばちゃんたちは空いている席に移った。
ローマからフィレンツェまでは1時間くらい。
意外と近い。これならたしかに日帰りでも行けそうだ。
(東京~日光ってかんじかな)
地図じゃあ、こういう距離感ってわからないものだなあ。
びっくりなのはフィレンツェで15分近く停車して時間調整し、
そんでいきなり進行方向と逆向きに走り始めたこと!
スイッチバックかよ!
ローマを発ったばかりは進行方向でよかったよかったと思ってたけど
以降、ずっと後ろ向きだった・・・・(涙

旅行中マイブームだったお菓子「HappyHippo」。
かたちもさることながら、名前がかわいい。
ハッピーヒッポ。
歯が痛くなるほど甘いが、意外と美味しい。
これをスーパーでみつけて、かつ買ったI氏の前向きさが好きだ。
終点、ヴェネツェイアのサンタルチア駅までは4時間ちょっと。
着いたころにはもう9時ごろで、外はまっくらだった。
駅を出ると、いきなり目の前は運河。
びよーんと、大きな太鼓橋がかかっている。
対岸にはバロック様式の教会。
にせものの鞄を売っているアラブ系の人々。
そして旅行者がいっぱい。
車はもちろんヴェネツィア本島の入り口のローマ広場までしか入ってこれないので
視界には入ってこない。
かわりにモーターボートがトコトコと運河を走っていく。
これは今まで見たことない世界。
しかし、あえていうなら
デ ィ ズ ニ ー シ ー に そ っ く り で す 。
「いやそんなもんじゃなくてもっと奥深いのだ」とおっしゃる方もいるかと思うが
須賀敦子も書いてるが、この舞台装置っぽいかんじ
夜は暗くて、水面にうつった街灯の光がゆらめいていて
ほんとうに浮世離れしているのだ。

目の前の運河をわたり、人ひとりやっと通れるくらいの
冗談みたいな細い路地を抜けて、角をまがったところにホテルはあった。
ローマのような古いホテルを想像していたのだが
ずいぶんと明るく綺麗なシティホテルだった。
部屋もモダンで、ローマとは対照的。
それでもホテルを一歩出ると、うすぐらく、
迷路のような路地が広がっている予感がする。

荷物を置いて、駅の東側をぶらぶらする。
もう10時を過ぎると店がどんどん閉まってしまうので
遅くまであいている中国系の人がやっているダイナーで
海鮮のフリットとパスタを食べた。
観光地の定食屋という雰囲気だったので期待してなかったが
フリットも揚げたてで美味しかった。

お腹もくちくなって、ほろよいかげんでホテルに戻ろうとしたら
さっきの冗談みたいな細い路地が封鎖されている!!
地図も持ってないし、このまま果てしない迷路をさまようのか!?
・・・と思ったが、i氏の帰巣本能が正常に働いたようで
なんとかぐるりと回り道をして、意外とあっさり帰り着くことができたのであった。
スリリングヴェネツィア。

「Italia:Roma-Venezia」への3件の返信

  1. >seicoちん
    そうなのよ、まじで迷路!!!
    そして慣れたころには帰国・・・!(涙
    seicoちんはきっとこの町が気に入ると思う。
    飲み屋もいっぱいあるし。
    イギリスのヤンキー雑誌持ってくわ!
    なんかいろいろとすごかった。

コメントは受け付けていません。