2016 瀬戸内海

Okunojima-Onomichi

午前中は昨日がぜん盛り上がった大久野島へ行くことに。
瀬戸内海の砂浜を走るような呉線の車窓が美しい。忠海からフェリーに乗って、10分ほどで大久野島へ。半分くらいが外国の人だ。

船を降りるとさっそくうさぎに迎えられる。野生化してるくせにちっとも人間を怖がらない。国民休暇村で電動自転車を借りて島を一周する。戦時中、毒ガスを開発していたとのことでガスタンクや発電所の遺跡があるのだが、どれも植物に飲み込まれていてなんとも禍々しい迫力がある。しかし気温は36度ほど。日焼け止めを塗っていたががっつり焼けてしまった。

くらくらしながらなんとか一周して、昼すぎには尾道へ。
尾道は本当に古い町で車窓からも寺院がたくさん見える。駅からアーケードを抜けて「朱華園」さんで中華そばを。その後「長江」でちいさな肉まんを買った。千光寺のロープウェイで山頂にのぼり、お参りをしてから石段をおりていく。メインの石畳ではなかったが、途中猫がたくさんいて風情がある町だった。今度はゆっくり滞在したいものだ。
少し早めに福山に戻っておみやげを買い、7時の新幹線で東京へ。ずいぶん慌ただしかったが、久々に瀬戸内海を見られてよかったな。