Tout va bien – Rakugo, Beer and Sake


Pと池袋演芸場へ。下席は昼は寄席で夜は独演会などが入る。あまり調べて行かなかったら昼の寄席は新作落語会だった。どうかなあと思っていたらどれも本当に面白くて大満足。
粋歌の新作もこの時期の「会社員あるある」でいい。最後はちょっといい話みたいなかんじで。この人、近所でよくやってる気がするので今度見に行ってみようかな。きく麿の新作「お餅」が一番笑った。なんともいえない間と老人たちののんびりした会話。しみじみよかったのは、はん治師。小三治師のお弟子さんだそうで、このお年でも小三治師の独演会では前座をつとめられるとのこと。落語会に定年なし…Hello Kittyの着物を着た丈二師「やくざのバイトたち」もよかった。丈二師が「池袋って客席明るすぎないすか?!」って言ってたけど、連れも「あまりに明るいし、高座近いし、とにかくニコニコしてなあかんなと思って。でもニコニコしてたら面白なってきた」と言っていた。そういう効果を狙ってるのだろうか。時蔵師の「幽霊蕎麦」はまるで古典落語のよう。創作落語の受賞作品とのこと。
それにしても、声をはる人が多かった印象w

その後、東口のCamdenと万事快調さんをハシゴ。Camdenはミッケラーまつり。でも乾杯はPunk IPAで。

万事快調さんでは奈良の風の森、大阪の秋鹿、石川の宗玄、どれも美味しかったなあ。

ジャプリゾを勧められたのだがまったく読んでおらず。しかしルネ・クレマンの『狼は天使の匂い』の脚本をやっていると知ってものすごくびっくりする。

柳家三三 桂吉弥 ふたり会@紀伊国屋サザンシアター

先日の三人会がとても楽しかったので、寄席ではなく独演会っぽいのが見たいなあと思っていたら、ちょうど三三師と吉弥師のふたり会があるというので直前にチケットを取り、私と同じく真綾ロスに悩んでいるPを誘って行ってみたのだが、いざ当日行ってみると最後列の端っこだった。前売りは完売とのことで、きっと私が買ったすぐ後に売り切れたのだろう。随分前からテレビでも札止めにする噺家として紹介されていたが、すごい人気なのだ。

その後、Watering Holeさんで新年のご挨拶をして、その後、戸越へ。素敵なビストロに連れていっていただき、ぼそぼそとアニメの話してたら、シェフが「僕も最近シュタゲ見ました!」って声かけられて恥ずかしいやら吃驚するやら(シェフはクリス派らしい)。その後、路地にあるEL DORADOという大変に素晴らしい名前のバーでも飲ませてもらって大満足の1日。

その後、動画で志ん朝師の「元犬」を見たら、導入部分からこまかい演出までよく似ていて驚いたのだが、サゲが全然違っていた。こういう楽しみ方もあるんだな。それにしても落語ってサゲがたいして面白くないというか、いわゆるオチとは違うのがいいなあと思う。スっと引く感じ。つい小説でも映画でも漫画でもドラマティックで合理的なラストを期待してしまう日常を反省するな。

  • 桂そうば「手水廻し」
  • 吉弥「質屋芝居」
  • 三三「二番煎じ」
    仲入り
  • 三三「元犬」
  • 吉弥「一文笛」