Yokohama Triennale 2017

横浜トリエンナーレ2017へ。これは毎年しっかり見なければならないので1泊してのぞむ。そんな泊りがけの美術館紹介も今回で3回目だ。

1日目。横美はいまいちかなー。ちと今回のテーマ「島と星座とガラパコス」に捉われすぎのような印象が。でもパラグ・カンナの『「接続性」の地政学』も読まねば。
赤レンガ倉庫でやっていたラグナル・キャルタンソンの映像作品「The Visitors」が接続性と孤立というテーマに非常によく合っていて、これだけでも見る価値あり。でも映像作品なので写真はなし。

今回、山下公園のすぐ向かいのスターホテルに泊まったのだが、となりがクラシックホテルのホテルニューグランドで中を見物に。トーハクと同じ渡辺仁の建築だそうで、一見して洋風なのによく見るとモチーフがどれも和なのが面白い。むかしのランチや晩餐会のメニューなんかも展示されていて見学だけでも楽しい。

石川町の鯖寅果実酒商店、スラッシュゾーンミートボール、ベアードのタップループ馬車道〜揚州商人と梯子。鯖寅さんは春ごろにお店に来てくださっていたようで名前を出したらとても歓迎してくださった。スラッシュゾーンさんは5分遅れてフードのLOに間に合わずビールのみ。ベアードはお肉の盛り合わせがすごい迫力だった。揚州商人はチェーン店だけど店のつくりがエドワード・ヤンの映画に出てきそうな昭和チャイニーズといった趣。

2日目、まず柳幸典の目を。彼の作品は犬島以来かもしれない。作品自体も迫力があったが、開港記念館の地下に入れることに興奮。その後、BANKART1929花と海と光。丸山純子さんの作品は前々回に同じ場所で見たけれど、今回は他の作家さんと融合している感じでまた違った印象。

現代アートはわからんという理由で敬遠されがちだけど、わたしもゴミ撒いたような作品は大嫌いで、現代アートでもやはり幻想的でぱっと見美しいものが好きだ。でもそれもやはり古典的な美の基準から逃れられてないのだろうと思う。作家がまだ生きてて新しい作品が見られる可能性があるというところが古典と違うが。

中華街の金陵でランチをし、雨があがったので山手のほうまで足をのばしてしばし散歩。文学館でお茶をして元町から帰ってきた。

 

Dim Sum, Beer and Gin tonic

南国友の会、花見の予定が雨で寒い。横浜で待ち合わせて駅周辺をぶらぶらし、昼からやっている磯丸水産でいきなり飲む。夕方に中華街に異動して招福門で点心ディナー。食べ放題なのでどんな感じだろうと思っていたが、点心はどれも蒸したて揚げたてで、デザートも充実していて美味しかった。また行きたい。

その後、岩手からTさんMさんがいらっしゃっていたのでビアパブイシイで待ち合わせ。特にMさんは久々2度目のご対面なのにまったくそんなかんじがしない不思議な方である。ビールを飲みつつ懐かしい話をしつつ楽しいひととき。

その後、ちょっと飲み足りなくて84さん行ったらビアパブイシイの常連さまがいらしてお互いびっくり。リバプールのパブの話なんかを聴けて楽しかったなあ。

Yokohama Triennale 2014

横浜トリエンナーレ2日目
Bubby’sでがっつりブランチをとってから出発。

IMG_0851

新港ピアでは戦争や震災をテーマにしたものがありわりと重め。
そんななか、やなぎみわの<演劇公演「日輪の翼」のための移動舞台車>は
幸いトランスフォームの瞬間にも立ち会うことができて、その圧倒的なギラギラしたかんじと
こんなのに本当にお金をかけて真面目にやってるばかばかしさにガツンとやられて圧巻だった。
思わずマイクロファンディングを考えてしまうほどに。

IMG_0866

あとは、戦時中に作品を避難させて額縁のみとなったエルミタージュ美術館、
行軍の途中に立ち寄った兵士たちに美術館長がかつてそこにかかっていたレンブラントの絵を解説する、という音声を作品に使った
Melvin Moriの「No Show」という作品も印象に残った。

その後、BankART NYKへ。
こちらの「東アジアの夢」展も非常によかったので、2400円の連携セット券を買ったほうがお得かもしれない。
蔡國強といわきの人々の映像やも良かったな。

IMG_0885

忘却の海、という言葉は最初なにもない空白のものを想像していたけれども、展示をすべて見終わったとき、芸術監督の森村泰昌が表現したかったのは無ではなくて「そこにあったはずの記憶、気配、人がいた痕跡」みたいなものなのかもなと感じた。

BankARTから海岸通りを歩き、山下公園へ。横浜港にはダイアモンド・プリンセス号?なる巨大な客船が停泊していた。象の鼻公園でアイスを食べる。
中華街ではめぼしい店をチェックしながらうろうろしたが、いつも場所がさだかではない「台南小路」というものすごく小さな路地に行き当たるのが不思議である。今回ようやく場所がわかった。香港路と直行しているのだ。

IMG_0938

海南飯店という小さな広東料理の老舗で晩御飯を食べて、今回の横浜への旅は終了。

Yokohama Triennale 2014

横浜トリエンナーレ2014へ。

前回、1泊してゆっくりまわったらとても楽しかったので今回も横浜に。
月曜だからか意外と安くロイヤルパークホテルを予約できたので
まずは桜木町で降りてチェックイン。
ロイヤルパークホテルの昭和感の残るちょっと田舎っぽい内装と堅実なサービスがなんか落ち着く。
55階からの眺めもよかった。

IMG_0756

ロイヤルパークは横浜美術館と隣接しているので非常に便利だ。
芸術監督の森村泰昌氏が素晴らしかった。「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」というテーマを見た時はどうかなあ、大丈夫かなあと思ったが、一貫した忘却というテーマと森村氏自身が考えぬいたと思われる展示方法が素晴らしかった。音声ガイドを聴きながら見ることをおすすめしたい。個人的には第六話の『おそるべき子供たちの独り芝居』が好きだった。

IMG_0772

その後は桜木町の駅を越えて反対側、野毛のあたりをうろうろして吉田町のANTENNA AMERICAさんとBAY BREWING YOKOHAMAさんをはしご。アンテナ・アメリカではOLD RASPUTINのTシャツを買った。

その後、ホテルのレストランで鉄板焼きへ。なかなか自腹では食べないがやっぱり美味しかった。
時間が早かったので、そこからふらふらと外へ出て、馬車道のTAPROOMさんで締めのビール。死ぬほど満腹になりつつ、帰りはINGRESSをやりつつ海沿いを歩いて初日は終了。

夜景も綺麗。

IMG_0837

Yokohama Triennale 2011

横浜トリエンナーレのこと。

お盆、I氏の仕事がお休みだったので、横浜に1泊して横浜トリエンナーレを見てきた。

初日は横浜美術館~黄金町~都市創造センターをまわる。
今回は、運営が横浜市主導になったようで、横浜美術館がメイン会場となった。
横浜美術館では現代美術だけではなく、近代のルネ・マグリッド、
ポール・デルヴォー、マン・レイあたりのシュルレアリスムの絵画、
はたまた歌川国芳の擬人化の絵なども現代美術にまじって展示されていて
非常に楽しめた。テーマもはっきりしていて、現代美術になじみのない人にも
とっつきやすい展示だったのではないだろうか。

黄金町は町をあげて若手のアーティストを支援しようという心意気がいいと思ったのだが、
何しろ現在進行中ということで定点観測が必要かも。
町自体は横浜の場末というかんじで非常にフォトジェニックなので散歩も楽しめる。

都市創造センターはパフォーマンスとコミじゃないと難しいかんじであった。
ちなみに島袋の作品は感想はとくになし。
個人的には腹がたつほどしょうもないと思ったのだが、
そういう感想も含めてインパクトはあった気がする。(好意的な感想)

二日目は新港ピアと日本郵船の倉庫。
あまり期待していなかった新港ピアの展示が意外と良かった。
現在は越後妻有のビエンナーレなどにも出展している南雲由子さんの作品に参加した。
一般参加者が髪を切るという行為そのものが、彼女の作品になるという。
合わせ鏡の不思議な空間で髪を切っていただいて1000円也。
別に奇抜な髪型にされるわけでもなく、要望を伝えて素敵に仕上げていただいた。

日本郵船のほうが期待していただけにまったりした映像作品が多くやや拍子抜け。
とくに映像作品は英語字幕だと字幕を追うのに精一杯になって映像に集中できないのが残念。
とはいえさすがにタイ語はわからないし吹き替えというのも難しい。

横浜で一泊だと、中華街でしこたま食べて飲んでも家に帰らなくていいのがとても良かった。
私が住んでいる東京の下町から横浜というと時間的には1時間ちょうどくらいなのだが、
なんとなく遠い西のイメージがある。

涼しくなった頃にはもう少し作品や会場もできあがっていると思うので、
もう一度行ってみようと思う。