OさんBさんと午前中から仙石線で松島へ。行くたびに路線が伸びていて、着々と復興しているんだなあと。雲ひとつない素晴らしいお天気で、まずは瑞巌寺へ。ここも長らく改修工事をしていたが去年終了したようで、本堂のどの間も美しく復元されていた。さすがにこちらもソメイヨシノは終わっていたが、枝垂れ桜がちらちらと散っていて夢のように美しかった。

その後、カフェで一休みして各自ずんだ餅やずんだシェイクなどをいただき、松島の島々を巡る遊覧船芭蕉コースで塩釜へ。

マリンゲートの二階にある山孝さんというお寿司屋さんで豪華なランチ。港の周りには人気のお寿司屋さんもあるのかもしれないが、1800円でうにもくじらも白魚も海老も堪能できて大満足。

その後、タクシーで鹽竈神社へ。数年前、山の上の社務所まで車で行けると知らずに220段の階段を登って死んだので、今回は学習。ここも八重紅枝垂桜が満開で本当に美しかった。帰りは表参道の階段を降り、少し離れた塩釜駅へ。こちらもまたぎりぎりに滑り込み、無事に仙台に帰ることができた。

趣味の合うお友達とげらげら笑いながら楽しい旅行で、東北まで呼んでくれたCANTAに感謝だな。コンサートというモチベーションがないと、さすがにこれだけ全国津々浦々から集まらないもの。