白金の医科研のところが旧公衆衛生院が郷土資料館として公開されたというので行ってきた。昭和初期の内田祥三の建築。古いところをよく残していてカフェも素敵。ただ、展示以外の構造部分などは撮影OKにしてほしいなあ。

帰りに母校に寄ってみる。妙に静かだと思ったらもう春休みなのだな。勇退する心理学部の教授の最終講義をやっていた。そんな時期か。