Journal

RIP

IMG_2589

吉良知彦さんのお別れの会へ。
実感がないまま1ヶ月が経ったが、お通夜やお葬式に参列できなかったのでお別れを言いに。Mさんの計らいで参列させていただいた。
ZABADAK、この人の音楽を聴いていなかったら、私が音楽業界の端の端に足をかけていることもなかっただろうという、そんな方だ。
その後、ご縁もあって一緒の席でお話をする機会なんかもいただいて、また近所でライブやるときには行きますね、なんて話していたというのに。
素晴らしい音楽は残る、それはそうだ。
でもやはりもっともっと聴きたかった。

本当に人はふといなくなってしまうものだ。谷中霊園の墓誌を見ていると順番なんて関係ないなと思う。