アジアン日和

今日はかずかずと御茶ノ水で落ち合う。 駿河台下のタイ料理屋で豪華にエビカレーと生春巻き ココナッツジュースをオーダー。 神保町で画材屋、本屋、紅茶屋、自転車屋をひやかし 秋葉原でCDとDVDを見て、さらにakiさんと合流し 御徒町でヴェトナ […]

続きを読む

下町逍遥

今日は門前仲町へ行き、富岡の八幡様で初詣?をし しまだとう都内屈指の美味い蕎麦屋でお昼を食べ それから両国へ行き、江戸東京博物館へ行き 江戸時代の人々の暮らしぶりに驚き(やはりエンゲル係数は高い) 谷崎の小説にも登場する「浅草十二階」が 震 […]

続きを読む

上海回想

上海の町を思い出す。 金後半ってんの裏手はフランス租界地で 妙に瀟洒な装飾をつけたぼろアパートメントが 立ち並んでいた。 ちょうど昼時で、道には露店が出て たくさんのお惣菜を並べて売っていた。 みんな丼にそれをかけて、もりもりと かきこんで […]

続きを読む

waterfront

押井守監督の「パトレイバー」というアニメの劇場版を見たら 下町や、湾岸や、建設中の都市や 川から見た東京の風景が前よりも好きになった。 前から好きだったけど、もっと近づいて見られるようになった。 わたしは常々、消えていく古い建物が壊されるた […]

続きを読む

クリスマス。

さて今年も欲望と消費の祭典がやってまいりました。 わたしは香水を贈り 恋人からはアロマポットをいただきました。 しかもこれは電動で、転倒するとスイッチが切れるカラクリなので 蝋燭のように火災の心配もなく ポットのすきまから漏れる光も美しうあ […]

続きを読む

この世の果てから

今日は臨海に写真撮影に行く。 アレのためです。アレの。みなさんお楽しみに。 関係者以外立ち入り禁止の産業道路の最果ては、 この世の果てのようなうらぶれっぷりだった。 貯水池の中からはガスが出ていた。 コンクリの壁を乗り換えるとそこは淀んだ海 […]

続きを読む

品川から

会社の忘年会で品川のレストランに行った。 その後、品川プリンスの最上階のラウンジへ。 新宿や横浜から見る夜景とは全然違う。 なんだか無機質な光。 ビルの上に点灯する赤い警告灯が一斉に点滅していて不気味。

続きを読む

燃える塔

ひさびさに高校のときの友人と大門で会う。 友人の仕事が終わるまで増上寺近辺をふらふら。 今日は雪も降り、身を切るような寒さだ。 東京タワーがまるで燃えているように見える。

続きを読む

リース

「終わりを自分で決められる正月のほうが好き」などと言いつつ 今年も正月は国外逃亡なのでクリスマスを祝うことにした。 海外へのカードも配送済みだし、忘年会兼クリスマスパーティの 日取りも決まり、今はメニューやプレゼントや 招待状のデザインなど […]

続きを読む

郵便配達は2度ベルを鳴らす

なたまめは数日の間にすっかり成長した。 双葉が驚くほど大きくなって、競い合って 太陽光を摂取しているかんじ。 とりあえず一番暖かい和室に置いているのだが まさかこんなに急激に成長するとは… 昨日は夜中に自転車に乗って郵便局まで書留を取りに行 […]

続きを読む

月島警察署西仲通交番

今日は船で日の出桟橋に出て、浜離宮で紅葉でも見ようかと思ったのに あいにくの雨で断念。電車で有楽町に出て、無印で文房具を買い 西武百貨店で化粧品を買い、伊東屋でカードを買い もんじゃが食べたくなったので地下鉄で月島まで出た。 月島の西仲通商 […]

続きを読む

切花

日当たりの悪いリビングに植物たちを置くわけにもいかず それでもなんだかテーブルの上が寂しかったので 緑色の切花を買ってみた。 1束380円。たぶん菊だと思う。香りは良くない。 こんなものでも、あるのとないのとじゃあ 雰囲気が全然ちがう。 な […]

続きを読む

ボタニカルライフ

夏の間に繁殖した植物たちも寒くなってきたので部屋の中に入れた。 秋を通り越していきなり冬だというのに、部屋の中はまるで温室だ。 1年前まではまだタマゴのようだったケレベラは、いつのまにか 身の丈1メートル以上になり、実家の部屋にいたコンシン […]

続きを読む

baby.let me be alone…

街はもうクリスマス一色だ。 なんだかクリスマスというのは当日までの盛り上がりと 25日以降の後片付けっぷりのギャップが激しくて あまり好きになれない。 移動遊園地が去っていってしまった公園のような。 それに比べて正月というのは、元旦からだら […]

続きを読む

青山逍遥

表参道でまちあわせをするのに、渋谷から歩いて行ったら迷子になった。 青山通りをまっすぐ歩けば良いものを、つい裏道にはいてしまったら その路地があんまり面白くて、猫なんかもわらわら出てきて 実に愉快だった。 愉快だったが迷子でもあった。 結局 […]

続きを読む