Taipei Oct. 2012

投稿日: カテゴリー: 2012 台北

in Taipei

台北はいつでも空気が悪くて、ビルは古くて
でも食べ物が最高に美味しくて人が優しい。

100年くらい前の建築がいいあんばいに現役で使われつつ残っている。
朽ちたタイルに蔦が這っている。
南国だから街路樹がよく育つのか、鬱蒼として巨大だ。

龍山寺の裏手には花街の名残を残した一角が色濃く残っている。
華西観光夜市。
老人向けの洋品店、演歌のレコード屋、美容院、そして蛇や鼈の血を売る店。
もっと奥に入ると妖しげなお茶屋が並ぶ。

そこを抜けると病院と仏壇屋。占い屋も多いらしい。
揺りかごから墓場まで、エロスとタナトスが混沌としているのは
浅草にとても近い。

夜市といい、デパートのレストランといい、101のフードコートといい
食べ物屋が集まっているところはいつだって人であふれている。
寧夏夜市では人をかきわけながら葱餅や紅豆餅を買い
脇の露天で豆花や、仙草ゼリーや臭豆腐をつまむ。
最後の夜はお祭に行ったみたいだった。

最終日は台北駅へ行って、地下街や雑踏、アナウンスなどを担当した。
鉄じゃないんだけどターミナル駅は好き。

楽しい旅行にしてくれた友人たちに感謝。

Night on the Road

投稿日: カテゴリー: 2012 台湾

Taiwan 2012

東京ではシャッターを切らないような風景も、旅先では新鮮に見えることがある。
それで、そういうのは撮っている瞬間はピンとこないのだが
しばらく時間が経つと、撮っておいてよかったなあと思うのであった。

この写真はそんなかんじ。

Ai Wei Wei

投稿日: カテゴリー: 2012 台湾

2012 Taiwan

台北の市立の美術館ではアイウェイウェイの展示を行っていた。
ものすごくダイナミックなのに、細部の繊細さが際立つ
ほかに類を見ない作家だと思う。

自転車の作品が圧巻。

alley

投稿日: カテゴリー: 2012 台湾

Taiwan 2012

台南に安平という古い街がある。
路地は複雑で、突き当たっては行き止まり、迂回しては一周してしまったりと迷路のようだ。
時々、小さな寺院がある。
バグパイプのような、ザンポーニャのような音が遠くから聴こえ
音をたどってゆくと、民族衣装を着た人々が円になって神妙な顔でぐるぐるとまわっている。
葬式なのか結婚式なのかもわからない。

大きな樹が、ななめに路地をふさいでいる。