Poland: Warszawa 3

ポーランド3日目。

月曜日で主な施設はほぼ休館なので、唯一開いているPolin Museum(ポーランドユダヤ人歴史博物館)へ。この近くにはカフェが一軒もないのでトラム一駅分くらい歩いたところにあるNEROでバゲットとカフェオレを。
ポーランドのユダヤ人の歴史をインタラクティブに展示していて素晴らしい。ここはもっと日本人に知られていいのではないかしら。それにしても千年の歴史を詰め込まれて放心状態に。再現されたシナゴーグが美しかった。

ユダヤ人歴史博物館の流れでユダヤ人墓地を拝見しようとしたら今週はまさかの閉園。諦めずにトラムで2駅移動してポヴォンスキ墓地に行ったところ、無事に入ることができた。墓地の近くで育ったせいか、古い墓地にくると落ち着く。
塀に囲まれていて開園時間が限定されているものの、谷中霊園のように開けていてお散歩で来ている人もちらほら。
著名な、あるいは名もない彫刻家が作った墓碑が哀しくも美しい。

わたしは墓地に残りひたすら撮影、母はワルシャワ蜂起博物館へ。その後墓地の反対側まで歩き(感覚的には竹橋から半蔵門くらい歩いた気がする)、墓地と軍事基地の間の道で途方に暮れ、とりあえず来たバスに乗り、トラムを乗り継いでホテルに戻った。GoogleMapがなかったら遭難してるところだった。

小休止をはさみJerozolimskie通りから小道に入った(あの、ヨーロッパ独特の建物にある小さなゲートを抜けないと入れない中庭的な、でも店舗があったりする空間って何て言うんでしょう?)ミッケラーワルシャワへ。
とりあえずミッケラーのある街に来たら行かなくちゃということで入ったものの、ノーゲストで私も店員さんもやや緊張。無言。ローカルブルワーは4タップほど繋がっていてTrzech KumpliのAmerican Beautyが美味しかった。

その後、母と合流しミッケラー近くで偶然見かけたジョージア料理店「Georgia」へ。昨日のガイドさんに「ワルシャワには美味しいジョージア料理屋がたくさんある」と聞いたので入ってみることに。
久々にハチャプリ(チーズ入りナンみたいなやつ)とヒンカリ(皮の厚い小籠包みたいなやつ)を食べる。胡椒をたくさんかけてもらっていただく。美味しい。

Poland: Warszawa 2

ポーランド2日目
朝ごはんはBar Mleczny(ミルクバー)で。ミルクバーというとなんかタピオカ売ってそうな感じだが、共産主義時代に国家主導で設置された大衆食堂なんだそうで。おばちゃんにメニューを伝えて食券をもらい、厨房のおばちゃん渡して呼ばれるのを待ち、食べ終わったら下げ台まで持っていくというそれっぽいシステム。スープ2種、オムレツ、ブルーベリー餃子で24ズロチ(700円)くらい。

歩いて国立博物館へ。開館前に着いてしまったので、隣の軍事博物館の野外展示を見る。ミリオタらしきおじさんがテンション高めで写真を撮っていた。

その後、国立博物館へ。中世美術のコレクションが充実していて、近世絵画はまわりきれなかった感。現代の商業デザインの展示もあり、とくに60〜70年代のものはたまらないかわいさ。

その後私はバスで南下してŁazienki Park内にある現代美術センターへ。「触る現代美術」展はお子らでごったがえしていたので、早々に退散して隣のワルシャワ大学植物園へ。小さいけれどのんびりしていて良い。しばしベンチでヨーロッパの美しい秋を満喫。

そこからまたバスで北上し、聖アンナ教会を見たのちフードツアーに参加。ガイドのCezaryさんに丁寧に解説していただきつつ、4軒ほどバーやレストラン、カフェを回ってポーランドの伝統料理をいただいた。ソーセージ各種、カツレツ、チキンスープ、ピエロギ、アイスバインのような豚の煮込み。クリスマスやイースターの伝統料理の話も聞いたのだが、ターキーではなくアヒルやグースを食べるらしい。
Pierogiという餃子は日本と同じく焼も水もあり、クリームソースをかけていただく。モモやヒンカリ、ラビオリなど餃子はユーラシアに広く分布していて大変興味深い。

ツアー終了後、しばらく旧市街をぶらぶらしてからバスでホテルまで戻ってちょっと文化科学宮殿でも見るかなと思ったらガイドさんとばったりお会いしてびっくりした。乗り換え駅なんだそうだ。

Pałac Kultury i Nauki(文化科学宮殿)はスターリンが建てた建築で、荘厳というより威圧感があるせいか地元人にはあまり好かれていないようだが、このラスボスっぽいライティングが拍車をかけてる気がする。

Poland : Warszawa 1

ポーランド1日目
昼過ぎにワルシャワに着き、タクシーでホテルへ。ホテルはCentrumという繁華街の駅前にあるノボテル。マルシャウコフスカ通りを挟んで向かいにスターリン様式の文化科学宮殿がある。周囲には外資系のチェーン店の他にもバーやレストランがたくさんあるエリア。
まずは旧市街まで歩こうということで、裏通りをひたすら北上。クラコフ通りに出るとカフェや観光客が増える。
途中、コペルニクスの像があった。国境が変わりまくっているのでポーランド人というと語弊があるのかもしれないが、このへんの人だったんだな。
キックボードのレンタルが流行っているようでよく見かける。日本のシェアバイクと同じで、アプリで借りるらしい。

スタレミアストと呼ばれる旧市街を散策しているうちに暗くなる。暮れ行く街並みが美しい。

最寄りの地下鉄駅まで歩き、メトロでホテルまで。地下鉄駅バス共通の24時間券は15ズロチ(1ズロチ=30円)。
母は寝落ち。私はホテルの裏にあるJabeerwockyという人気のビアパブでペールエールとセッションIPAを2杯。メニューに版権イラストが描かれているのがおかしい。店員さんはタップと同化してるのでは?というほど忙しそうだった。
クラフトビールはパイントで11-16ズロチほどで日本の半額以下。大手のものなら観光地のカフェで飲んでも9ズロチほどでビール天国。
Centrum駅の地下街でポテトをパイ生地で棒状に巻いて揚げたようなお惣菜パンを買って帰宅。7ズロチほど。温めて貰えばよかった。