hospital life 9

左目の網膜剥離で、人生初の入院→全身麻酔→手術→退院を経験しました。 いやあびっくりした。 まあ命に関わるような病気じゃないので お仕事関係や遊ぶ約束をしていた人にしか 知らせていなかったのだけど、日々いろいろな方がお見舞いに来てくれて ほ […]

hospital life 8

朝の診察で、明日退院でも問題ないと言われる。 説明書には術後、飛行機に乗る場合は医師に相談を、と 書かれていたので主治医にきいてみたところ 「ああ、あれは内側にガスを入れる治療の場合です。 万一、眼の中にガスが残っていた場合 気圧の関係でガ […]

hospital life 7

朝は院長(眼科の?)の回診。みんな若い先生たちが神妙な顔をして 院長の診断を見ている。緊張すんだろうなあ。 教授にも見てもらったが、経過は順調のよう。 濁った水晶体が早くきれいになるといいけど。 今日はお風呂に入る。 30分枠を予約すると、 […]

hospital life 6

朝、診察。となりでは4歳くらいの手術したばかりの男の子が 「目が開けられない!」とびいびい泣いている。 気持ち、わかるよ・・・! あたしも手術前はそんな心境だったよ・・・!!! それでもS先生は非情にも「目あけてくれないと退院できないよー」 […]

hospital life 5

経過は順調で、視力の回復にはかなり時間を要するので 今日明日で視力が戻らなくても心配ないとのことで 少し安心する。 大学病院ってのは面白いところで 学校と企業がほんとに半分ずつなんだなあというかんじがする。 病院のHPなんかを見ると「患者さ […]

hospital life 4

すっかり麻酔も消え、点滴も取れて体調も元に戻った。 主治医のI先生に「どんなかんじの手術だったんですか」と聞くと 「DVDで撮ってますよ。よかったらダビングしますよ!」 と言われ、ちょっぴり引く。 「いやほんとに!遠慮せずに言ってくださいね […]

hospital life 3

朝、かなり視力が落ちていて、肝心の部分も剥離していたとのことで 緊急手術が決まる。 かなりびびる。ただ、早く処置をしてもらえるようでよかった。 車椅子で、誰もいない長い廊下を移動する間は もう死刑囚のような気分。 車椅子を押してくれた看護師 […]

hospital life 2

朝 かなり進行しているとのこと。 眼球の中の地図を書く作業をした。 眼球上の傷の位置などは「11時の方向」というように 方角みたいな言い方をするのが面白かった。 ひたすらI氏が差し入れてくれた幸村誠の「プラテネス」(講談社)を読む。 全部が […]

hospital life 1

この日記は退院後に掲載したもので 術後順調に快方に向かっておりますのでご心配なくお楽しみ(?)ください。 *** 左目の視界の一部1/5ほどのところに何か変なものが見える。 これは、先週の健康診断の問診表にあった「視界が欠ける」というやつで […]