猫町逍遥

本日は今夏最後の浴衣で集まろうという趣旨で
M女史、A女史と和装で落ち合う。
三崎坂のレトロ趣味猫キチ炸裂の喫茶店にて
甘いココアを飲みつつ着付けに難航するA女史を待つ。

名物猫 良介さん。(推定8kg。)
合流してからは千代紙屋や雑貨屋など見ながら
谷中〜桜木のあたりを散策。
古きもの屋では店主とおしゃべりをしながら
2時間近く居座ってしまった。
むかしきものを引っ張り出してああでもない
こうでもないと囀るのは楽しい。
M女史はあでやかな袋帯を、A女史は粋な着物と
可愛らしい帯を、私はムラ染めの帯締めをゲット。
気づいたら夕刻になろうとしている。朝から何も食べずに
すっかり買い物に没頭していた私たちも空腹に気づき、
こんな時間(16時)にカレーをがっつり食べて体力充填。
古道具屋をひやかして、芸大、旧帝国図書館のほうへ。
猫に気をとられながら墓地をぐるりとまわって
山の上のインド式?紅茶屋でひとやすみ。
お仕事を抱えたA女史と日暮里駅で別れて、M女史と
谷中ぎんざから千駄木、根津のほうまで足を伸ばす。
途中、夕焼けだんだんでは猫の集会を目撃。
無国籍料理屋で今は亡き居酒屋のママさんと邂逅。
南国の薄味麦酒で往く夏を惜しむ。
また千駄木まで戻り、深夜まで開いているカフェーへ。
とりとめもない話をしつつ珈琲を飲んで解散。
それにしても、下駄でよくここまで歩いたな。
お付き合い有難うございました…。>A女史、M女史。

この街はゆるゆるだらだら歩くのに良い。
墓地の空の広さとか、やたら猫がたくさんいることとか
木が多いこととか、古い建築があることとか
いろいろなことが複合的に作用して
人をゆるゆるだらだらと歩かせる。

chess

最近会話が少ない!と嘆いて
恋人がチェスを買ってきた。
透明なのと磨硝子の2種類の駒があって
なんとなく透明なほうを白としている。
わたしはもともと盤上のゲームが苦手で
将棋をやっても勝った験しがない。
集中力に欠けるせいだろう。そして飽きっぽいのだ。
ここはひとつ定跡を覚えて克服しようではないか。
しかしチェスの定跡というのはオープニングにはじまりギャンビット、ゲーム、ディフェンス…
当たり前だが、無数にある。
さしあっているうちに、余計に会話が少なくならなければよいのだが。

試薬瓶が並んでいるようでたいそう綺麗。

夜の怪物

最近、日記が語りにはいっていて気持ち悪いので
たまには日々のことを書こう。
しかし、ここんとこ仕事→家→食べる寝る(ほぼ同時)
といった按配なので書く事が無い。
ちょっとまえ、深夜のVinusFortに行った。
商業施設は閉まっていて、パティオも
迷路を内包した建物もなんだか
暗闇に沈んで不気味だった。エスカレーターだけが
カタカタとうつろに動いていた。

奇妙なオブジェ-たとえ白昼の光の中で見たらガラクタのようなものだとしても
こんな、なまぬるい夜に出会うと胸がざわざわとするものがある。
こんなとき、わたしたちは本当に無防備な夜のこどもだ。

紙の文化

最近、自分の写真を紙にちゃんと焼いて
手元においておきたくなった。
近いうちに暗室に入って、片っ端から気に入った写真を焼こうと思う。
写真は、誰にでも撮れる。
撮影はまさに一瞬でできるし、焼くのだって業者に出せば
一定以上のレベルであがってくる。
ただ、生産された何百、何千というコマの中から
どれを自分の作品として選び出すか、これが
写真の「感性」と言われるものだと思う。
シャッターを押した瞬間に「感性」がきまるわけじゃない。
今、わたしの表現手段はwebがそのほとんどを占めている。
webの怖いところは、
気に入らなくてリンクをはずしてしまったらもうそれっきりということ。
自分がその作品を選んだときの
「状態」「行動」「理由」が一瞬にして消えてしまう。
最近、それが怖い。
火事でネガが焼けてしまうのと同じくらい怖い。

by gones


こんなアパアトメントが、昔は家の近所にあった。
大正時代だかに建てられたモダンな建物だった。
階段の踊り場から外を見る窓は丸く、手すりには
どことなくアールデコの味付けがなされていた。
中庭には棕櫚や羊歯が茂っていて、道に面した下段には
春と秋に大輪の花を咲かせる薔薇の木があった。
向かいにも古い教会があり、そこの燭台は
さる高名な聖職者から賜ったものだと、司祭は自慢げに
話していた。
そのアパアトメントも教会も今はもうない。
正確に言うと、再建された。
東京の風景がかわっていくのは仕方ない。
もともと木材の文化で、鉄骨の家の耐久年月だって60年がいいところだ。
わたしたちがノスタルジアを感じるのは
古い古いと言っても、せいぜいが明治以降(おもいっきり近代)で
京都やヨーロッパの古さとはケタが違う。だから建築史的な価値はそんなに高くない。
この国には地震も戦災も地上げもあったから
ただでさえ絶対数が少ないところにきて、
老朽化した建築が壊されるのは必定。
たしかに見慣れた風景が消えるのはさびしいけれど
今ある建物だって時間を経てどんどん味わい深くなる(ものもある)ではないか。
有明だって台場だって、きっといい場所になる。
そういう風景を探しに行こうと思う。

魔境

希琳ちゃんとDavidが大阪から遊びに来たので
東京下町案内する。
谷中の並木道を抜け、三崎坂の「乱歩°」にて休憩。
それから拙宅でまいママ作のパスタと巨峰をもりもり食べ
さらに散策に出かける。
言問通りの古道具屋を通り、芸大の前を通り、公園を抜けて
不忍池でまたひとやすみ。そして地下鉄で浅草に向かう。
浅草ではサンバカーニバルが盛り上がりをみせていて
いきなり凄い人(しかも攻撃力の高い中年女性がやたらたくさんいた)
上野までですでに歩きつかれたので
浅草で唯一、深夜まで営業しているカフェバアにいき
とにかくだらりだらりとおしゃべりをする。
希琳ちゃんは年に数回しか会わないというのに、会うとなると
いつもこんな調子だ。ゆるい時間が過ごせる友人は貴重。
今回、はじめて会ったDavidも礼儀正しくて
ものごとをはっきりと言う素敵な人だった。
(しかし、かなり英語勉強しなおさないと映画にしろ本にしろ音楽にしろ
思想的な話まではできんなんだ。精進します。)
それから裏道を抜け、花やしきの近くの不思議な路地を探検する。
藤棚に覆われた路地で、生い茂った葉と、道に置かれている
植物たちのせいで、夕方まだ明るいというのに
なんだか鬱蒼とした雰囲気だ。
何軒かの小さな飲み屋が軒を連ねていて
道にはいすと机を出し、おばちゃんたちがおでんや
スジの煮込みを売っている。
そしてぞろぞろと現れる猫たち…なんだか猫町にまよいこんだみたいだ。

蔦に覆われた大きなビルはなにかと思って窓からのぞくと
そこには全裸のおっさん達が…
「浅草観音温泉」

って、知らなかったよこんなところに、お、おおお温泉があるなんて!
しかも」「唄と踊りで今日も楽しく!」ってどういうこと?
しかも何故に男子脱衣所の窓を開け放しておくか…
私と希琳ちゃんは中央ベンチにあぐらをかいて座っていた
全裸のおっさんと確実に、確実に、目が合った。
合掌。
ふたりを地下鉄の駅に送り届けてからは
恋人と浅草をゆるゆると歩く。7時をすぎるともう商店街はまっくらだ。
途中、ドオナツを食べて血糖値をあげつつゲームをやったり
本屋で散財したり。
ROXのなかにあった着物の古着屋が店をたたんだのは痛い…

いちごいちえ。

今日は仕事で表参道に出たついでに
先日M女史に連れて行っていただいた古着屋さんを覗いてみた。
最後までどうしようか悩んでいた緑色の虫籠の柄の帯は
もう誰かの手にわたったようだった。
いい人にもらわれているといいな。
というのも、お店の方がおっしゃるには
最近、1点ものの着物を「カスタマイズ」と称して洋服に作り直すのが
いわゆる裏原系の婦女子の間で流行しているとのこと。
切り刻んでスカートにするんだったら、ワゴンで投売りされている
ハギレでやればよろしい。
ここのお店は状態の良いものを、そこそこ良心的な値段で売っているので
そういった輩の毒牙にかかるのかもしれないが、
可愛い娘をヤクザの嫁に出すような店員さんの断腸の想いは
察するにあまりある。
話は逸れたがそれにしても、「買わない後悔」の悔しさといったらない。
でも、そのとき実を取って格子のモダンな帯を取ったのは
自分の判断なので誰を攻められるわけでもないのだ。
だからこそ悲しいのも悔しいのも自分の中だけで
完結させなければいけない。
嗚呼、わかりますかこの気持ち。
籠に敏感に反応してしまい、同潤会アパアトメントにて一枚。

これは鳥籠だけれどもね。

散財日記

和服の好いお店があるというので
連れて行っていただく。
普段は仕事の最中にだいたい自分の服を買ってしまうので
女性と「買い物」に出かけるのはひさしぶり。
化粧にも気合が入るってもんだ。
新宿の伊勢丹で秋物のたちあがりをチェック。
贔屓のブランドにカシミアの美しいニットが
出ているのを見かけてしまった。
でも担当さんがいなかったのでまた今度。
古着屋さんでKANEKO0 ISAOのブラウスをお買い上げ。
金茶色のフリルのぶりぶりついたやつで
デニムと革に合わせてボヘミアン風に着るつもり。
真珠の釦をどうするか悩ましいところ。
同行の女史もアクセお買い上げ。
OIOI ONEでゴシックロリータのなんたるかを
見せ付けられ、少々くらくらする。(一応本日のメイン。)
でも創作意欲は沸くなぁ。
女性の変身願望(というかコスプレ願望?)の極右だな、これは。
女史、おとりおきバッグと奇跡的にジャストサイズの
ビスチェドレスをお買い上げ。
うんうんいいペース。
原宿に移動して、素敵な着物の古着屋さんで
縞の着物をゲット。粋なかんじの臙脂の細縞だ。
合う帯がなかったので、どういうものがよいか聞いたところ
姉妹店にいいのがあるということで
閉店間際のその店に駆け込む。
虫篭の柄の緑の帯も女らしくてよかったが
汎用性を考えて格子のモダンな袋帯にする。
また行ったときにまだその帯があれば
縁があったと思って引き取ることにしよう…弱気。
女史、これまた奇跡的にジャストサイズな
黒地に椿と松葉の可憐な染めの着物をお買い上げ。
両者、刺し違えて散財。
表参道にいてもうひとかたと合流。
レトロな食堂にて晩餐。戦前のジャズやポスター、
女給さんの可愛らしい制服がいいかんじ。
女三人、かしましく美味しい食事をいただき
カフェーにて珈琲を飲んで解散。

あ〜〜〜楽しかったよう!
散財したけどいいの…幸せだから…

黒百合館の殺人

雅兄の新しい詩集が出たというので
恵比寿まで赴く。
これでむこう3年は新しい詩集が出ないというのは
さみしいが、きっとたくさん旅行に行き
お酒を飲み、可愛い女の子と話をして
また素晴らしい本を出すはずだ。
とりあえずゆっくり読もう。
「貴兄の詩は一旦別の言語に訳されたような
不思議な響きがありますね」という感想を
僭越ながら手向けたところ、いたくその言葉が
お気に召したようだった。
推理小説の話ばかりをし、私たちが列挙したタイトルの中に
登場する死者を合計すると100人はくだらないだろう。
どんな洋館が理想的か、庭や、あずまやについて
詳細に語り合ったのだった。

雅兄は薔薇よりも百合が好きだと言った。
わたしは薔薇のほうが好きなのに。

嵐の前の赤い空


きょうの夕方の空はこんなふうだった。
とても不吉な、熟れた果実のような色で
風がごうごうと吹いていた。
8月になるといつも思い出す
まっかな景色が脳裏を過って
ちょっと気持ちが悪くなった。
今年こそはだいじょうぶかと思っていたが
一昨晩、しっかりと夢で見てしまった。
真っ赤な景色はあたしを苛む。

銀輪部天王洲へゆく

今日は雨が降るという予想だったのだけど
この日のためにウェアまで調達してしまった
あたしの心の持って行き場がないので
無理やり自転車で天王洲を目指すことにする。
気温は25度前後でとっても気持ちいい。
ゴーストタウンのような日本橋を抜けて新橋から
海岸通りへ。高速に沿って走る。
途中、公園で烏が鳩を食べている衝撃映像なども
目撃しつつ、約1時間で到着。
カフェーにて珈琲を飲み、全員そろったところで
アイリッシュパブのラウンドストーンへ。
ギネスをちびちびやりつつFISH&CHIPSやパスタや
ソーセージをもりもり食べた。
やはり運動の後の麦酒と肴は美味しいですな。

帰り道、水門の脇で青くライトアップされた船を見る。

雀荘の窓

街を歩いていると突然へんてこな
看板や窓をみかけることがある。
麻雀屋の看板なんだけど、なぜか写真は
ヨーロッパの子供らしき四人が雀卓囲んで遊んでいる図。

一、麻雀は厳重に処罰されます。絶対にめましょう。
一、午後十一時以降のゲームは固くおりいたします。
一、飲食物の提供は其の筋の法に依りじられております。
一、16歳未満の入場おりいたします。
「其の筋の」ってなんなんだろう。
今日は自転車用のウェアを購入。相当気合入ってます。
まるで選手。
夜は御徒町のソンフォンというベトナム料理屋へ。
生春巻きと挽肉の入った団子と鶏肉の粥を食べる。
おなかいっぱい食べてベトナムの麦酒も飲んで
ひとり1500円くらいだった。美味、そして激安。

aquarium

大洗の水族館までドライブ。
最近出来たばかりの大型の水族館だ。
マンボウが5匹くらい水槽の中でゆらゆらしているさまを
ぼーーーーーーーーーーーーっと観ていた。
気づくと自分もマンボウの口になっているのですよね。

ちょっぴり溺れかけている子。
恋人はまたしてもスナメリに会えず落胆。

ポテチ。

唐突にしょっぱいものが食べたくなったので
じゃがいもをスライスして、油で揚げて
味の素と塩をがしがし振ってポテトチップスを作った。
市販品と変わらん。

今日は「ワイルドスピード」を見る。ひさびさに
犯罪アクションものを観たなぁ。

本と鉱石と世界地図と

今日は自転車で神保町へ。
書泉で雑誌と小説2冊を購入。
紅茶屋のTAKANOで美味しいアイスティをいただき
三省堂では恋人が専門書を漁っている隙に
鉱物コーナーでマブい蛍石をゲット。
鉱石には手を出すまいと誓っていたのになぁ。
キルシェ関係の仕事がきっかけで
すっかり興味深深でござる。
帰りに地図売り場で巨大な世界地図を買って帰る。

結晶系:等軸晶系
化学組成:CaF2
屈折率:1.434
モース硬度:4
比重:3.18

zen dinner

自分だけのためにご飯をつくるのも好き。

最近はまっているのはオクラ。
つい先週まで、おくらは生のままで食べるのかと
思っていたほど無知だったが、このところ
毎日食べている。
recipe
オクラをさっと茹でて輪切りにしたもの
それに紫蘇と茗荷のきざんだの
納豆
しらす干をフライパンでカリカリになるまでいためて
ちょっと醤油で味付けたもの
これらをまぜまぜして白いご飯の上に乗っけて食べると
カリカリ&ネバネバ&シャキシャキという歯ごたえの妙。
泣きはいるくらい美味しいよ。

ケルト十字?

test氏の仏蘭西みやげ。
金具の部分がしぶいので、自分では装着できず
一度、他人につけてもらってから外してない
呪いのブレスレット。
おもちゃだと言っていたが、真相はいかに。

雷カフェー

今日は雷が鳴るなかでお茶を飲んだ。
いろとりどりのポップでキッチュな店内の
外に向かう大きなガラスの窓からは
稲妻がばんばん海におちるのが見えた。

そしてゆりかもめは運休し、わたしたちは
バスでのろのろと帰る羽目になったのだった。とほー。

夜歩く、プラネタリウム人間

プラネタリウムという空間が好きだ。
あの椅子の角度と、照明が気を失うように暗くなって
3等星くらいまで星がみえるようになると
あの小さなドームだったはずの空間が
どんどん外に広がっていく。
感覚が冴えてきて、でも冴えれば冴えるほど
眠くなってくる。

浴衣

今日は浴衣を着てこいち祭にでかける。
Adamという最近注目のバンドのステージ拝見。
曲間に、コーラスの女の子が駄菓子を投げるコーナーがあるのだけど
(どんなバンドなんだ…)「はいそこの浴衣のおねえさん!」と
指名されて、サイン入り紫芋クッキーをいただいた。

向日葵、竜胆、蜻蛉…いろいろな浴衣を持っているが
これは先日祖母の家からいただいてきたもの。藍の菊柄です。
帯は博多献上柄で、アクセントにマクラメベルトを帯止めのように
使ってみました。
芥子色の鼻緒の下駄がほしいなぁ。

大暑。

熱い。
暑いとかいう形容詞では
すでにキャパを越えているくらい熱い。
口の中にコンクリートからの熱が
そのまま入り込んでくる感じ。
日差しが肌をちくちく刺す感じ。

埋葬

魚を死なせてしまった。
水を替えるときに鰭を傷つけてしまったようで
尾ぐされ病に感染。短い命でした。
ごめんよ。
死んだ鮪や鮭や鯵の肉は平気なのに
死んだベタを埋めるときは躊躇しますね…
やっぱりどこか「死」と「忌まわしい儀式」を
彷彿とさせるからでしょうか。

あたしの写真の中で「死」のイメエジをもったもの。
死んだら楽だろうなあとぼんやり考えていたときに撮ったから
負の力に満ちている。
いかん。
梅雨だからか。

東京駅

今日は東京食堂で晩御飯を食べる
東京駅は素敵だ。
北欧の駅によく似ている。
駅の前に遊園地があるあの都市の中央駅。
丸の内南口のステーションホテルの窓が見えるドームもいいし
駅長室の入り口も、ステーションミュージアムの漆喰の壁も好きだ。

白金台

梅雨らしく、毎日雨だ。
今日は仕事を終えて上司と白金にゆく。
おいしいお惣菜をいっぱい食べて
都ホテルでお茶を飲んだ。
このホテルもRadisson資本になり
すっかりアジアンモダンの
「ヒップな」ホテルに様変わりした。
空間の使い方とか、インテリアとか
ゆったりしたjazzとかが心地よくて
すっかりいい気分になってしまった。

エントランスのへんてこな照明がよいかんじ。

合羽橋道具街

週末はVespaに乗って合羽橋道具街へゆく。
道具街ってすごい直球のネーミング。
たしかに道具を売っているのだけど。
私はずっと「河童橋」だと思っていたが
漢字で書くと「合羽橋」だということに気づく。
でも商店街の看板は河童のデザインだった。
ル・クルーゼの赤や黄色の鍋がかわいらしい。
レトロなかんじの珈琲ミルもほしくなる。

このビルすき。

cafe

原宿はとても面白いところなのだけど
なんか買うものがない。
でもお茶を飲むところはたくさんあってよろしい。
オープンエアのカフェにて和風パフェを食べる。