Journal映画

Thor Ragnarok

マーベル18作目『マイティ・ソー バトルロイヤル』。序盤のRed Zeppelinの「Immigrant Song」が後半の見せ場でかかって「あー!だからツェッペリンのImmigrant Song(移民の歌)なのか!と膝を打った。ソーは基本的に神話がベースだからか、マーベルの中でも物語がシンプルで好き。善い人は善い、悪い人は悪い、脳筋は脳筋。ロキが多少屈折していて掻き回す役だけど、主役があんまり悩まないのが良い。

それにしても、なぜラグナロクをバトルロイヤルなんていう邦題にしたのだろう。バトルロイヤルなんて前半のちょっとした見せ場なだけで、今回のテーマを表すならラグナロク(神々の運命)のほうがよほど物語に合っていると思うのだが。

小ネタだとドクター・ストレンジが出てくるところでSHERLOCKのオマージュあったのと(ブリーカーストリート177Aって笑)、スタン・リーがカメオ出演してておもしろかった。