映画

Ant-Man

マーベル13作目『アントマン』

ミクロ決死隊というか、悪夢みたいな話だった。今回のヒーローも離婚で親権を失った犯罪歴のある男という設定でなんだか救いようがない。しかしエヴァンジェリン・リリーにしてもグウィネス・パルトロウにしても、マーベルのヒロインってちょっとこう歳いってるけど賢くて落ち着いてるのは好ましい。博士が住んでるヴィクトリアンなおうちが素敵。話がまとまらないルイスはいい味出してる。

EDのアートワークがだんだん2010年代後半ぽくなってきた印象。OPはBuena Vista Social Clubぽくて、EDの曲はPulp Fiction〜スパイ映画ぽくて、90年代に青春を送ったわしらを撃ち抜いてくる。はじめてマーベルでサントラ欲しいと思った作品。