Journal

Côte-d’Or

ご近所のUさんGさんご夫妻と国内のフレンチの最高峰と言われる白金のコートドールへ。誕生日に予約すると言われつつ5年越しでようやく。名物の鯖の燻製から、お魚、和鹿のメイン、さつまいもが入ったデザートのスフレまでどれも余韻が広がる味で、ソムリエの方が薦めてくれた白のMeusaultも赤のCornasも素晴らしかった。なにより有名なメートルのM氏の柔らかな雰囲気が素敵で、こんな若輩を緊張させることなくもてなしていただいた。個人的には料理よりサービスの印象が強かったな。動向のUさんの交渉によりM氏のご厚意でリビングレジェンドの斉須シェフと写真を撮っていただくなど。厨房にまで入れていただき、愛用の厨房機器などを紹介していただくという僥倖にも恵まれた。素人が料理人の聖地にずかずか入りこむようでわたしはすっかり恐縮してしまったが、イシイは喜んでいただのでなによりである。