Journal

MANGA都市TOKYO展

新美のMANGA都市TOKYO展 、とても良かった。ロラン・バルトの「東京の中心はは神聖な空虚である」っていう『表徴の帝国』なんかも引用しつつ、震災や戦災で破壊と創造を繰り返している東京の風景と漫画やアニメを重ねたよい展示でした。中心の東京の模型が圧巻。

70年代くらいからの漫画の原画も展示されていて、もちろん大友作品とか凄まじいものがあるんだけど現代に近づくにつれて「デジタル出力」になるのですね。あたりまえだけど。

その後、外苑前まで歩き焼鳥今井さん。今井さんにはお会いできず。その後さらに歩いて北参道のasatte menuで高石シェフに久々にお会いし、CAI時代にCANTAのファンイベでステージに引っ張り出された話を聞くなどした。