Journal現代美術

Yokohama Triennale 2020

ひっそりと開幕した横浜トリエンナーレへ。毎回1泊してじっくり見るのだが、COVID-19の影響か、メイン会場は横浜美術館とPLOT48のみ。大幅な変更を余儀なくされたのでは……というなか、素晴らしいキュレーションだった。今回、初の会場「PLOT48」、この施設は学校でもないし病院でもないし、なんだろう?と思っていたらアンパンマンミュージアムだったそうで。今回よかったのは蛍光シルクを使った竹村京の作品、プリミティブかつかわいいレーヌカ・ラジーヴ、ナイーム・モハイエメンの映画のような映像作品。あと、行かれる予定の方は是非、飯川雄大の作品を予約して入ってみてほしい。とても愉快。