2019 ポーランド・イングランド

Poland: Warszawa-Krakow

ポーランド4日目

朝はKrasińskich庭園を散歩。暖かいけれど紅葉も終わりかけで晩秋の趣。その後、文化科学宮殿をチラ見してNEROで珈琲を飲み(こんな立派な建物なのに中はジョボい) ワルシャワはこれにて終了。本日から古都クラコフへ。

ワルシャワ中央駅は近未来感がすごい。こういう建築とか、ギラギラした建物のライトアップとか、ちょっと懐かしい感じ。予約してた列車番号が掲示板のものと違うので慌てて案内所で聞いたら「同じ列車よ!心配しないで!」って言われたけど、普通は心配しますよね!?
列車は二等車だけどコンパートメントは三列のみで快適。5分遅れで発車し、20分遅れで到着。謎。

クラコフ、中央駅周辺から古い街並みが現れて期待が高まる。
ホテルはDietla通りにあるモダンな内装アパートメントタイプだがエレベーターなしの4階。学生の頃に泊まったパリの北駅のホテルを思い出した。泣ける。

着いてすぐにユダヤ人街カジミェシュの現地フードツアーに参加。英国、デンマーク、イタリア、日本という多国籍チームでしたが、みんなとても良い人たちで楽しかった。クラコフ生まれのナイスガイにレシピ、歴史、家庭料理の内容まで懇切丁寧に解説してもらいつつ5軒梯子するという夢のようなツアー。ウォッカ、クラフトビール付き。