2019 ポーランド・イングランド

Poland: Warszawa 3

ポーランド3日目。

月曜日で主な施設はほぼ休館なので、唯一開いているPolin Museum(ポーランドユダヤ人歴史博物館)へ。この近くにはカフェが一軒もないのでトラム一駅分くらい歩いたところにあるNEROでバゲットとカフェオレを。
ポーランドのユダヤ人の歴史をインタラクティブに展示していて素晴らしい。ここはもっと日本人に知られていいのではないかしら。それにしても千年の歴史を詰め込まれて放心状態に。再現されたシナゴーグが美しかった。

ユダヤ人歴史博物館の流れでユダヤ人墓地を拝見しようとしたら今週はまさかの閉園。諦めずにトラムで2駅移動してポヴォンスキ墓地に行ったところ、無事に入ることができた。墓地の近くで育ったせいか、古い墓地にくると落ち着く。
塀に囲まれていて開園時間が限定されているものの、谷中霊園のように開けていてお散歩で来ている人もちらほら。
著名な、あるいは名もない彫刻家が作った墓碑が哀しくも美しい。

わたしは墓地に残りひたすら撮影、母はワルシャワ蜂起博物館へ。その後墓地の反対側まで歩き(感覚的には竹橋から半蔵門くらい歩いた気がする)、墓地と軍事基地の間の道で途方に暮れ、とりあえず来たバスに乗り、トラムを乗り継いでホテルに戻った。GoogleMapがなかったら遭難してるところだった。

小休止をはさみJerozolimskie通りから小道に入った(あの、ヨーロッパ独特の建物にある小さなゲートを抜けないと入れない中庭的な、でも店舗があったりする空間って何て言うんでしょう?)ミッケラーワルシャワへ。
とりあえずミッケラーのある街に来たら行かなくちゃということで入ったものの、ノーゲストで私も店員さんもやや緊張。無言。ローカルブルワーは4タップほど繋がっていてTrzech KumpliのAmerican Beautyが美味しかった。

その後、母と合流しミッケラー近くで偶然見かけたジョージア料理店「Georgia」へ。昨日のガイドさんに「ワルシャワには美味しいジョージア料理屋がたくさんある」と聞いたので入ってみることに。
久々にハチャプリ(チーズ入りナンみたいなやつ)とヒンカリ(皮の厚い小籠包みたいなやつ)を食べる。胡椒をたくさんかけてもらっていただく。美味しい。