ビール

Fukuoka 2

福岡2日目。井上先生にドライブに連れて行っていただくことに。車で久留米方面へ。
富松うなぎ屋にご案内いただき、イチオシの「せいろ蒸し」を。せいろ蒸しというと点心や野菜みたいだが、こちらではたれで炊き込んだご飯と一緒にうなぎを蒸したもので、柳川界隈でしか食べられないらしい。東京では見たことがないのだが、ごはんがもちもちしていて、うなぎもふっくらしていてとても美味しい。正午前に入ったのだが、出るころには超満席。お正月にも賑わうのだとか。
https://goo.gl/maps/ntDcftuUWfM2

この日のメイン、筒井時正玩具花火製造所さんへ。井上先生とずいぶん長いお付き合いのある花火職人さんで、工房にお邪魔することができた。コンテナハウスがぽつりぽつりと配置されている、素敵な空間で想像していた花火工房とはだいぶ違う。霧島酒造スポンサーのTVとラジオ番組の収録があるとかでクルーの方とナビゲーターの方が忙しく出入りしているなか花火の説明をしていただき、実際に線香花火を作ってみることに。
日本古来の花火はもう風前の灯で、なんとか原料から調達をしてこの技術を継承しようと努められている。デザイナーさんともがっつり組んでいて、すべてが洗練されている。パッケージから花火が消えるまで美しい。
さて、実際線香花火を作ってみると、半紙を撚るのがとてもむずかしいのだが、これが実際に火をつけてみないと成功か失敗かわからない(火薬を包む時に空気が入ってしまうと、ぱっと燃え落ちてしまう)。成功して綺麗に火花が出て、玉が長く保ったときのアガりようったらない。成功報酬的な物質が脳から出ている気がする。https://goo.gl/maps/q647RoC2mgM2

福岡-東京の最終便は21:25。空港が近いので8時すぎまで中心部で遊んでいられるのがよい。
BEER PADDYさんに忘れ物を取りに行くついでに再訪し、店主の田代さんともゆっくりお話を伺うことができた。田代さんも奥様も、ふたりともとてもすてき…
博多-天神間は西鉄バスが100円で結んでいて3分おきくらいにバスが来る(日本で一番の運行本数なんだとか!)。バスを乗りこなせたら便利なんだろうな。
博多駅でお土産を買い、天神に戻ってクラフトビア・クリークさんでハーフパイントいただいて空港へ。大満足で帰路についたのでした。来週にでもまた行きたい。