Journal

Asakusa

おもいたって浅草まで歩いてみる。谷中から清水町を抜け、東京国立博物館の前を通って線路を越え、合羽橋を横切って浅草寺まで。浅草は人が多いが物販は厳しそうだ。六区の入り口、ドンキの前にできた「まるごとにっぽん」特産品などが集まっていてなかなか楽しいのだが、人は少ない。施設内のカフェが空いていてとても良かった。

ニトリで気になっていた枕を買い、帰りはバスで。ぎっくり腰ならぬぎっくり首はようやく快方に。