Journal音楽

Nagoya 1

名古屋へ。
友人たちとワイマーケンとブルワリーキッチンで待ち合わせ。美味しいビールでまずは乾杯。

その後いったんホテルに戻り、荷物を置いてダイアモンドホールへ。今回はあまりの暑さに物販も諦めた。毎回ここの入場整列は地獄なので覚悟して行ったが、今年は各階の踊り場に扇風機が設置されていた。それでも100番台以降はおだんごになってしまって蒸し風呂状態。もうすこし細かく整列の数字をきざむか、スタッフさんが整理してくれればよいのだけど。事前に買ったペットボトルは開演までに飲みきり、ドリンクで引き換えた水も終演までには飲みきってしまった。それでもトイレに行きたくならないのだから相当汗をかいたのだろう。

ステージのことは別に書くとして、終演後は総勢8名でけいちゃん焼き屋さんに行って深夜まで手羽先食べつつわいわい。名古屋の人は手羽先をひとり20本くらい食べるというのは本当だろうか。深夜の栄をぶらぶら歩きつつホテルへ。ライブとアフターの興奮でなかなか寝付けず、3時間くらい寝て目が冷めてしまった。なんということでしょう。