Journal

Tokyo Tour with Best Mate

希琳ちゃんが婚約者のレオを連れて来日。初日は成田のあさひやさんのご自宅にイシイともどもおじゃまして、素敵なガレージでBBQをした。あいにくの天気で外でできなかったけれど、美味しいお肉や魚介を用意していただき、イシイとレオが調味係。ふたりとも料理人だけあって動きがそっくりだと希琳ちゃんと笑った。この日はレオさんの誕生日ということで、上野松坂屋で調達したANTENORの抹茶ケーキで御祝い。楽しい一日。

翌日は彼女らを谷中のフランクさんのゲストハウスに案内。途中、はつねの道の千根やさんでうな重を食べた。荷物を置いて、御茶ノ水へ。音楽好きなレオをDisk UnionのHR/HM館に案内すると探していたCult of LunaのCDを見つけたらしく、喜々として購入していた。その後、ギターショップを何軒か周るものの、8弦ギター、6弦ベースなどはあまり強くないらしく渋谷のイケベ楽器を薦められるなど。しかしGuitar Planetのお兄さんは英語が達者で(ものすごいイギリス英語だったとのこと)びっくりしてしまった。さぼうるでお茶。ここ、十年前くらいにも希琳ちゃんと来たんだよなと思い出す。変化の激しい東京だけれど、変わらないものもあり。その後、希琳ちゃんが同僚からたのまれていたベジータのフィギュアを買うべく秋葉原に移動。ラジオ会館を上からぐるぐる。レオが「It smells virginity!」と言っていたので笑ってしまった。希琳ちゃんとジャックの共通の友人の聖子さんと合流し、HITACHINO Brewing Labで乾杯。女三人かしましく喋りたおしてレオも静かになっていた。

3日目は実家にご招待して母の手料理。レオは家庭料理に興味津々。興が乗った父がレオに於茂登のドンブリをプレゼントしていた。私からは箸置き。ちょうど母が能登で箸を土産に買ってきたというので、ちょうどいいコンボになった。朝倉彫塑館を案内する。朝倉文夫の美的センスが散りばめられたアトリエ兼邸宅で私も大好きな場所だ。ふたりともとても気に入ってくれたようでよかった。TAYORIさんでお茶。連日寒く、ふたりとも少しお疲れモード。ビアパブイシイで軽く一杯ひっかけ、末永くお幸せに!という気分で送り出す。