ビール

1st Brewing in Kiuchi Brewery

Joseが来日しているので約束していた木内酒造の手作りビール工房へ。
木内酒造さん、趣のある木造の建物で、なかには素敵な物販やタップルームもある。

こういうふうにビールはできているのかあと良い勉強になった。
だいたいの手順は以下の通り。

麦芽の軽量、破砕、投入(ここで麦芽こぼす!「よくあることです…」と慰められる)
その後、撹拌しながら65度前後まで昇温させて糖化を促進。
マッシュアウトといって76度までさらに加熱し酵素の働きを止める。
濾過して1番麦汁。これだけ飲んでも美味しい。
その後、スパージングといって、麦芽の酸化を防止するため、表面にお湯をかけながら2番麦汁をとる。
3回にわけでホップを投入。王道でメインはアマリロとカスケード。コロンバスを苦味づけに少々入れることにした。
麦汁を冷却装置で冷やして麦汁をテイスティング。苦味が加わって、ビールらしくなってきた。
あとは2週間ほど寝かせて瓶詰めして送っていただくことに。
担当のKさん、ありがとうございました。

配合は45リットルで以下の通り。
モルト:PALE MALT 6400g, CRYSTAL 100g
ホップはコロンブス8g, カスケード10g, アマリロ30g