Journal

坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016 “FOLLOW ME UP” (東京国際フォーラム)

 

R0014140

年末は坂本真綾2Days。

12月30日

東京初日、ボーナス曲は震災のときにはセットリストから外さざるをえなかった「Hello」。そして、大宮のときは自分自身で今ベスト3をあげるならば「かすかなメロディ」「これから」「シンガーソングライター」、この3曲に「アイリス」が加わっていた。新譜のなかで一番好きな「アイリス」、この日の歌は特別によかったな。ライブ終了後は向かいのヴァンピックルで美味しいワインを飲みつつ串をつまみつつライブの余韻にひたり、さらに飲み足りなくて駅近い安居酒屋で終電まで飲んだくれてしまった。

 

12月31日

午前中に急遽お葬式が入り6時起き。諸々こなして東京に戻ったのは昼過ぎ。身体が保つか心配であったが、とりあえず昼寝してライブ参戦。

大晦日は22時スタート。二重橋前から向かったのだが丸の内はしんと静まり返っている。この日野ボーナス曲は「ちびっこフォーク」。これもわたしの大好きな曲で嬉しかった。本当に、女性がひとりでどこへでも行けるという時代ではなくなってしまったな。旅が好きなのでとても共感する。

そしいて23:57から「マジックナンバー」。3分間のコール&レスポンスののちに10からカウントダウン。この会場は火気もOKなのでちょっとした爆竹とリボンが宙を舞った華やかな年明けだった。「Life is good」の次にしっとりと松任谷由実の「a happy new year」を。しっとりしたよい曲だ。

そんなわけで通常のツアーにずいぶんオマケがついた年越しライブ、行けてよかったな。

終了後は午前1時に夜の街に放り出され、丸の内から門松の品評会をしつつ大手町、司町、淡路町、末広町と歩き、妻恋坂のあたりで上野広小路に入って世界の果てThe World Endで乾杯。

来年もよい1年になりますように。