Journal

impressions

R0013950

法務局まで自転車で。

そのまま皇居まで行こうかと思ったが、さすがに冬至近くなると4時過ぎでもう日が沈みそうなほど暗い。皇居は諦め、浅草橋、岩本町をぶらぶら抜けて小川町へ。碁盤の目のような一通の道は神経を使うので走りにくい。ドトールで珈琲を飲んで一休みしてから神保町に向かう。今日発売の雑誌を探したが三省堂には在庫なし。

神保町から帰るときはいつも坂を避けて淡路町から不忍通りに出るのだが、たまには違うルートで帰りたくなるもので、今日は本郷経由の経路を選択してみる。この道は走るたびに「そうだ、駿河台下から弥生までゆるやかな上り坂が続くんだった…忘れてた…」と後悔するのだった。

後悔ついでに東大構内の黄葉を見てきた。