音楽

オオフジツボ収穫祭2015

IMG_9398

大好きな、そしてとてもお世話になっているオオフジツボの10周年イベント「オオフジツボ収穫祭」へ。しかも、勢いで合奏ワークショップに参加します!とか言ってしまったので、楽譜をいただいてから20年ぶりくらいにギターを練習し本番に臨む。

課題曲は「光の奥」に収録されている『秋霖』という佳曲で、ギターの太田さんがそれはそれに簡単にアレンジしてくれているのだが、もちろん20年ぶりなのでコード弾くだけで息も絶え絶えという体たらく。

しかしさすが太田先生、両脇でアコーディオンとヴァイオリンの爆音にかきけされつつ、本当に教え方が丁寧でわかりやすく、短い練習時間にひとりひとりにちゃんと時間を割いてくださった。おかげで1時間ほどのパート練習のあとの本番もなんとか完走(途中、何小節か落としたけど)し、終わった時にはもう魂が半分くらい口から出ててすっかり一山越えたような感じになっていたが、その後のライブもすばらしく、大好きな「アレクサンドライト」をはじめ、「空駆けるもの」先日蕪島神社が焼失してしまった思い出の「Shrine, Loighthouse and the grass」など堪能した。第2部最後の「Go! Chuo Line」を経て、アンコールは本家の「秋霖」。思わず太田さんの指を凝視してしまった。

そしてなんとキルシェのサポートメンバーだったyasukoさんと再会。壷井さんと話してたところ声を聞いて思い出していただいたようでさすがとしか言えないが本当に久しぶりで(たぶん10年ぶりくらい)嬉しかったな。

その後もワークショップや壷井さんのご生誕祭、有志の合奏アンコールなんかもあって本当に心温まるひとときだった。ライブ後もずーっと鍋を振っていた太田先生、忙しい中パンを焼いたり当日もワークショップに参加して素敵な(!)作品を作っていた藤野さん、そして片付けと接待に徹していた壷井さんおつかれさまでした。
藤野さんの新曲「静かな青空」のように幸せで駆け出したくなるようなそんな一日でございました。