植物

Sagamihara Park

  R0013307   神奈川県立相模原公園へ。 かなり整備された公園で、大きな芝生やフランス式庭園、サカタのタネグリーンハウスという温室もある。日曜日だというのに人もまばらで落ち着いた地元の公園というかんじ。濃いグリーンに、ベンチや看板の綺麗な色が映えて、ちょっとヨーロッパの公園のようでもある。 温室のほうはサカタのタネというからにはあの会社が育種から関わっているのかと思いきや、まさかのネーミングライツというオチであったが、まじめに管理されていて1年中なんかしらの花が咲いているそうだ。とくに秋から冬が良いらしい。

2時からの館長の解説はみっちり1時間、館長は土の部分にずかずか入っていって、ときには葉っぱをちぎったりしながら詳しく解説してくれる。しかし館長、固有名詞はなかなか出てこない。

館長「世界三大花木はこのカエンボクとジャカランダと…あとひとつ忘れました」
客「」(そっとぐぐる…)
終始こんな感じ。ちなみにカエンボク、ジャカランダ、ホウオウボクだそうだ。(ぐぐった)

そんなかんじのゆるいツアーであったが、先日ポーラ美術館別館で見たウルトラ植物博覧会に展示されていた植物もちらほら。 R0013362 QRコードがプレートに印刷してあるが、どうにも腕の届かない遠い場所にさしてあったり、表示される花の写真がガラケー当時から更新されておらず小さすぎたりなど課題もあり。これからのメンテナンスに期待したい。

2時間ちかく公園を堪能したのち、フランス式庭園の噴水を見ながら帰路へ。この日の夜、相模原の米軍施設では爆発があったそうで、ここ最近世界中で爆発ばかり起こっていて物騒極まりない。 R0013380