Journalビール

SWEDEN BEER IN JAPAN

スウェーデン大使館にてクラフトビールのセミナーとレセプションがあるというので参加した。ひさびさの六本木一丁目。数年前、仕事で毎日のように通ったので懐かしい。5月のオークラ界隈は緑が綺麗だ。

セミナーも卸や販売の方向けのプレゼンがメインかなと思いきや、スウェーデン大使館の商務部の方々のご挨拶のあとは三軒茶屋のPigalleさんのスウェーデンのヨーテボリで行われたビアフェスのリポート、各ブルワリーのプレゼンテーション、ビール評論家Pelle Stridh氏のスウェーデンビール事情の基調講演などがあり非常に興味深いセミナーだった。スウェーデンは人口950万人ほどの小さな国だが、現在ブルワリーは180近くあるそうで、歴史に囚われない自由な作風と高い品質管理が特長とのことである。

3時間のセミナーのあとは大使館のサンクンガーデンのような場所で行われ、各ブルワーが自慢のクラフトビールのボトルをぽんぽん景気よく開けていて、みなさんこれから日本でやっていくぞという意気込みが感じられたり。

R0012732 R0012735

とはいえ知り合いもいないのでひとりでさらっと飲んで、美しいピンチョスをつまんでいたらFlying Breweryのヨアキムさんが「おやおや、グラスが空じゃないか。うちのを飲みなさい!」ってとても美味しいラガーを注いでくださった。笑顔が素敵なやさしい方。ヨハンさんもヨアキムさんも、飛行機や熱気球が大好きだそうだ。
Pigalleさんにご挨拶ができたのがよかった。ビアパブイシイの名前もご存知でいてくださって嬉しいことだなあと思いつつ、ひっそりと退場。

R0012722

SWEDEN BEER IN JAPAN
http://www.swedenbeer.net/