Journal

from UK

IMG_5361

20年来の親友のKちゃんが、これまた彼女の親友のJと遊びにきてくれた。遠くイギリスからありがたいことだ。なんかもはや親戚の子みたいな扱いなので母がものすごい大量の中華料理を作って振る舞い、父はJと音楽の話が合うようで喜んでいた。若いのにThe Bandとか好きって、渋い。

Kちゃんとは本当にべったりと一緒にいたことはないのだけど、会えばいつも高校生の頃のように話せる。当時はネットなんてなかったから文通してたんだよ、って言ったらJも驚いてた。そりゃそうだ。

その後、ビアパブイシイでご近所さんたちに囲まれて下町コミュニケーションの洗礼を。東京の下町はあまり見たことがないみたいで新鮮だったようだ。