2015 サンフランシスコJournal

San Francisco 11: Hotel La Rose, Santa Rosa

R0010754

サンタローザは本当にこぢんまりとした町だけれど、1920年代のビルもまだ残っていて遊歩道も整備されていてこぎれいなところだ。スヌーピーで有名な「ピーナッツ」の作者チャールズ・M・シュルツの出身地で、いたることろにピーナッツのキャラが置かれている。

R0010745

1910年に建設されたエンパイア・ビルはアルフレッド・ヒッチコック監督『Shadow of a Doubt』にも登場したらしい。ここ鉄道広場周辺には1900年台初頭の建築が集中していて落ち着いた雰囲気。R0010830

R0010833

R0010798

ホテル・ラ・ローズは中でも1907年建設の古いホテルだそうで、歴史保存国家信託のアメリカで歴史あるホテルの1つに登録されているとのこと。瀟洒なアンティークが置かれていて可愛らしい。

R0010815

R0010820

バーは夜は営業していないようだが、朝食のサロンになっていた。壁にはポートレートがびっしり掛けられている。町の人だろうか。

R0010871