2015 サンフランシスコJournal

San Francisco 05: California Academy of Sciences

カリフォルニア科学アカデミーへ。世界最大の自然史博物館で2008年にリニューアルオープンしたらしくまだまだ新しい印象を受ける。

入場料は35ドルとちょっと高いが、満足度の高い施設。中にはプラネタリウム、水族館、鳥や蝶が放し飼いにされている熱帯温室、地震についての展示、資料・書籍などが複合的に展示されている。

R0010421

建築家はレンゾ・ピアノとのこと。

R0010433

中央のプラネタリウムをぐるりとかこむようにエイが泳ぐ水槽、その廻りにはカフェがありシームレスで明るい空間。

R0010473
蝶と鳥が放されている球体の温室は、人数制限があってある程度人数が集まると係員の人がゲートを開けてくれる。内部での撮影は禁止。

R0010452中央の水槽にはアルビノのワニがぷかぷか泳いでいる。

R0010465

水槽の中にトンネルがあり、魚を下からながめることもできる。美しい。

R0010485

R0010478

あまり目立たないが、中二階にある骨格標本などが展示されている資料室がとてもよかった。書籍や骨格標本など、学芸員の人に声をかければ自由に閲覧できる。引き出しを開けると、中にはわくわくするような標本や資料がコラージュのように陳列されているのだ。

R0010471

屋上はこんなかんじで土と緑に覆われている。ちょっと王蟲っぽい。

http://www.calacademy.org/