Journal

Sumida Aquarium

友人とすみだ水族館へ。

入場料2000円に怯んで、なかなか足が向かなかったのだが
クラゲの通路というのに惹かれて行くことにした。
入ってまず、寺院の庭園のような風景のアクアテラリウム。

そのあとに、ミズクラゲやアカクラゲの水槽が並ぶ。
カブトクラゲは科学博物館で映像を見たことはあったけど本物を見るのは初めて。
櫛板列の光の反射がネオンみたいだ。
ラボもあって、スタッフの人がクラゲの幼生をきれいな水にうつしていた。

マゼランペンギンの餌付けも面白かった。
45匹(1クラス!)いるらしくて、だれが餌やビタミンを食べたか
ちゃんと記録していく。気の強い子はスタッフの足をつついて催促するし
気の弱い子は最後まで近寄れなかったり、夕ごはんはハナから諦めて
おやつの時間に全力をかける子とかもいるらしい。

一度出たものの、「そういえば、クラゲの通路ってあったっけ?」という話になり
再入場してリトライ。大水槽の脇にある暗い通路がそうで、わかりにくく見落としていた。
でも最後の最後にもう一度クラゲが見られたので大満足。

ソラマチを冷やかして、帰りに錦糸町でタイ料理を食べて解散。